瀬戸内市の重要文化財

建造物(県指定重要文化財)

静円寺 塔婆(多宝塔)(附棟札)

(じょうえんじ とうば)

現在の建物は、棟札によると元禄3年(1690)に再建されたものです。総高約12m、宝形造の屋根に相輪を据えた小型の塔です。平面形式は初重が方三間、二重が円形となっており、高度な大工技術をうかがうことができます。また初重と二重の幅などが中世の名塔と同様の比率に仕上げられ、均整のとれた優しい塔となっています。

静円寺 塔婆(多宝塔)(附棟札)
静円寺 塔婆(多宝塔)(附棟札)


このページでは岡山県瀬戸内市の歴史と文化を紹介しています