錦海化学高圧ガス(液化塩素)漏えい想定合同訓練を実施しました。

平成27年12月3日(木曜日)9時30分から、瀬戸内市邑久町錦海化学株式会社の敷地内において、錦海化学株式会社と瀬戸内市消防署との合同訓練を実施しました。想定内容は、震度6強の地震により瀬戸内市邑久町尻海4382-3 錦海化学株式会社の塩素製造施設内の配管フランジ部分より液化塩素が漏えいし、同プラント内に2名の要救助者及び周囲に気化した塩素ガスが拡散したというものです。訓練は、錦海化学株式会社と消防署隊との密な連携、情報共有を第一とし、互いの活動についての理解と協力体制の確立を目指し行なわれました。

・事故発生の連絡を受け、錦海化学応急対策班、防除班が活動開始

・要救助者1名の救出

・消防指揮隊が到着し、現場の情報を取得

・消防指揮隊が、現場から得た情報を各隊の隊長に伝達

・各隊の隊長が隊員に活動方針を伝達

・発生したガスを噴霧放水により希釈

・救助隊による、残り1名の要救助者の救出

・要救助者を安全な場所に移し、応急処置

・進入した隊員の除染作業

・瀬戸内消防署長による訓練講評

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
消防署
〒701-4214
瀬戸内市邑久町本庄1795番地
電話:0869-22-1494
ファクシミリ:0869-22-1762
メールフォームでのお問い合せはこちら