平成29年文化財防火デーに伴い合同訓練を実施しました

平成29年1月26日、文化財防火デーに伴い瀬戸内市長船町磯上の湯次神社において、神社北側山林から出火し、本殿に延焼危険があるとの想定で訓練が行われました。この訓練には、市消防本部、市消防団国府分団、磯上自治会及び寺社関係者が参加し、約600年の歴史があり地域住民にとってなくてはならない湯次神社を火災から保護するとともに、自分たちの地域は自分たちで守るという市民の保護思想の一層の強化徹底を図りました。文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機としています。当消防本部では毎年この時期に防火訓練をおこなっています。

一斉放水

初期消火

関係者による初期消火の様子

ホース延長

磯上自治会、自衛消防隊による

消火準備の様子

ポンプ準備

国府分団による消火のため

可搬ポンプを準備している様子

消火にかかれ

国府分団と自衛消防隊による放水

消防隊

消防隊による消火活動の様子

訓練を終えて

訓練後の様子

訓練を終えて、川野消防署長より、文化財だけではなく、神社、仏閣、または地域にある伝統文化を守り継承していくことは私たちの重要な役割であり、そのためには関係者だけではなく消防署、消防団、教育委員、自治会がより密接に連携を深め、これらを守っていく必要があると訓練の講評としました。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
消防署
〒701-4214
瀬戸内市邑久町本庄1795番地
電話:0869-22-1494
ファクシミリ:0869-22-1762
メールフォームでのお問い合せはこちら