新型コロナウィルス感染症に便乗した「身に覚えのないマスクの送り付け」にご注意ください!

注意!:政府が1住所当たり2枚ずつ配布する布製マスクは、お知らせ文と一緒に透明の袋に包んで配布されます。

【相談例】

 封筒に入った使い捨てマスク30枚が宅配便で届いた。家族も全く心当たりがない。

 請求書は入っていないが、今後どうすれいいか。


1 とにかく、ひとまず落ち着きましょう。

 

2 売買契約の締結を申し込んだ後、商品が届いた場合でも、契約書面を受け取ってから8日以内であれば、クーリング・オフ※ができます。また、書面を受け取っていなければいつでもクリーング・オフが可能です。

※「クーリング・オフ」とは?

 契約書面を受け取ってから一定期間内であれば、無条件で契約の解除ができる制度のこと。

3 売買契約の締結を申し込んでない場合、売買契約は成立していません。

 この場合、お金を支払ってはいけません。また、事業者に連絡する必要もありません。

※商品の送り付けがあった場合、慌てて事業者に連絡したりせず、使用せずに保管し、14日間経ってから処分しましょう。

 

おかしいと思ったら・・・ 一人で悩まず、消費者ホットライン 188(局番なしの3桁番号)等の関係機関にご相談ください。

〇瀬戸内市消費生活センター     0869-24-8011(直通)

○瀬戸内警察署           0869-34-6110(代表)

新型コロナウィルス感染症に便乗した「身に覚えのない商品の送り付け」にご注意ください(PDF:1.2MB)

瀬戸内市消費生活センター

消費者庁のホームページ

独立行政法人 国民生活センターのホームページ

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
環境部環境課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1899
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。