特定不妊治療費助成金

不妊症のため子どもを持つことができない夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない特定不妊治療を受けた場合、その医療費の一部を助成しています。この場合の「特定不妊治療」とは、不妊症と診断された方に対し医師により行われる体外受精または顕微授精をいいます。

対象となる方

次の1~5のすべてに当てはまる方

  1. 戸籍上の夫婦であり、かつ、夫婦のいずれか一方または両者が助成金の交付申請日現在、瀬戸内市に1年以上住民登録していること。
  2. 医療保険各法の被保険者または被扶養者であること。
  3. 市税を滞納していないこと。
  4. 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成金の支給において助成が決定されていること。
  5. 治療期間初日における妻の年齢が43歳未満であること

助成内容

助成金の額は、医療保険適用外医療費の2分の1以内とし、1回あたり10万円を限度額とします。ただし、他の自治体からの助成があった場合は、その助成額と瀬戸内市の助成額の合計額が治療に要した額を超えないものとします。

助成回数

初回の申請を行った際の妻の年齢によって助成回数の上限が変わります。

年齢はいずれも岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成金の助成対象治療の開始時が基準になります。

  • 40歳未満の場合

妻が43歳になるまでに6回まで

(ただし、助成回数が6回に満たない場合であっても、平成27年度までに通算5か年度助成を受けている場合は助成対象外になります。)

  • 40歳以上の場合

妻が43歳になるまでに3回まで

申請について

助成金を申請する治療に対して、岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成金の助成決定がなされた日の属する年度内に行ってください。

ただし、やむを得ない理由により年度内に申請ができないと認められた場合はこの限りではありません。

申請受付場所

瀬戸内市保健福祉部健康づくり推進課

瀬戸内市長船町土師277-4 瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船内

 

瀬戸内市役所本庁舎及び各支所・出張所では取扱いしていません。

窓口での申請は土・日・祝日を除く平日8時30分から17時15分の間に、瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船内・健康づくり推進課へお願いします。

申請に必要な書類

  • 特定不妊治療費助成金申請書(様式第1号)
  • 特定不妊治療受診等証明書(様式第2号) 

 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診証明書の写しをもって替えることができます。

  • 瀬戸内市に住民登録をして1年以上経過していること、法律上の夫婦であることを証明する書類

 夫婦が同一世帯で、夫婦のどちらかが世帯主の場合は、続柄記載の住民票を提出してください。

 夫婦が同一世帯で、夫婦以外が世帯主の場合は、本籍及び続柄記載の住民票を提出してください。

 夫婦が別世帯の場合等は住民票加えて戸籍抄本等の書類が必要です。

  • 医療機関の発行する領収書(証)
  • 夫および妻の健康保険証の写し
  • 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成金承認決定通知書の写し

窓口申請時には印鑑を持参してください。

特定不妊治療費助成金申請書(様式第1号)(PDF:106KB)

特定不妊治療受診等証明書(様式第2号)(PDF:107.5KB)

男性不妊治療への助成

岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成金について(岡山県ホームページ)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部健康づくり推進課健康推進係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5961
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。