パブリックコメントとは

 市がどのような条例・計画を作ろうとしているのかなどを事前にお知らせし、これに対する市民の皆さんからの生の声をお聴きします。そして、皆さんのご意見を条例や計画へ反映し、より公正で民主的、かつ、一層開かれた市政を実現するための制度として、「瀬戸内市パブリックコメント」を実施します。
 

パブリックコメント結果一覧

パブリックコメントとは

 市の基本的な政策等を立案する過程において、当該政策等の趣旨、目的、内容等を公表し、これらについて提出された市民の皆さんからの意見・情報を考慮して、当該立案に係る意思決定を行うとともに、市民等の意見等に対する市の考え方を公表する一連の手続きをいいます。

 なお、実施機関は、市長及び教育委員会をいいます。

対象となる政策等

  1. 総合計画等、市全体の基本的政策を定める計画及び個別行政分野における施策の基本方針その他基本的な事項を定める計画の策定及びこれらの重要な改定

  2. 市政に関する基本方針を定めることを内容とする条例の制定又は改廃に係る案の策定

  3. 市民に義務を課し、又は権利を制限することを内容とする条例(市税の賦課徴収並びに分担金、使用料及び手数料の徴収に関するものを除く)の制定又は改廃に係る案の策定

  4. その他市長が特に必要と認める政策等の策定

政策等の案の公表

政策等の案の公表詳細
公表する内容 備考
  • 政策等の案
  • 資料(公表に努める)
    ・案を作成した趣旨、目的・背景
    ・案の概要
    付属機関等の審議又は検討の概要
実施機関が指定する場所に備え付け、市ホームページへ掲載します。
  • 意見等の提出期間
1ヵ月程度を目安とします。
  • 意見等の提出方法
    ・実施機関が指定する場所に提出
    ・郵便、ファクシミリ、電子メール
左記の方法から実施機関が選択します。
原則として、提出者の住所、氏名その他必要な事項の記載を求めます。

意見等の考慮・公表

 実施機関は、提出された意見・情報を考慮して、計画等について意思決定を行うものとし、意見等・これらに対する市の考え方、当該政策等の修正があったときは、当該修正の内容を公表します。

 ただし、提出された意見のうち、公表することにより個人又は法人その他団体の権利、競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものについては、その全部又は一部を公表しません。

パブリックコメントの流れ

(画像)パブリックコメントの流れ

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
総合政策部秘書広報課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-24-7095
ファクシミリ:0869-22-3304
メールフォームでのお問い合せはこちら