「地域猫活動」をはじめませんか?

 現在瀬戸内市では、野良猫によるフン尿による被害や、無責任なエサやりなどの苦情を数多く受けています。また一方では野良猫がかわいそうと感じていらっしゃる方もいます。

 これらの方の共通しているのは、「野良猫の被害を減らしたい」、「不幸な猫を減らしたい」という思いであり、願いでもあります。

 そこで考え出されたのが「地域猫活動」という事業です。この事業は、岡山県主体の事業ではありますが、瀬戸内市も一緒になって取り組んでいきます。

 野良猫でお困りの地域の方は、「地域猫活動」について説明会を行いますので、まずは生活環境課までご連絡をお願いします。

飼い主のいない猫画像

地域猫とは?

 地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫。

 その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、フードやフン尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化などの地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します。

                (環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」抜粋)

 

地域猫活動とは?

 地域住民が主体となり、周辺住民の合意を得た上で、地域にいる飼い主のいない猫(野良猫)の不妊去勢手術を行い、エサのやり方やフンの始末などに関するルールを定めて継続的に管理することで、一代限りの生を全うさせ、猫による被害や産まれてくる不幸な子猫の数を減らし、人と動物が共存できる地域にしていく活動です。

 岡山県では、猫の正しい飼い方や飼い主としての責務、飼い主のいない猫に対する対策について明確にするため、「岡山県猫の適正飼養ガイドライン」を作成しました。この中でも「地域猫活動」を推奨しています。「岡山県猫の適正飼養ガイドライン」は、当ページ下部の岡山県動物愛護センターホームページのリンク先からダウンロードできます。

 瀬戸内市では、この活動を積極的に応援しています。

地域猫活動の効果

  1. 不妊去勢手術により、不幸な子猫が生まれなくなるとともに、発情期の鳴き声、尿マーキングや独特の臭いが軽減されます。
  2. ルールを守ったエサやりを行うことにより、ゴミあさりやエサの散乱を防ぎます。
  3. トイレを設置し日々管理することにより、フン尿の被害が改善され環境美化が進みます。
  4. 地域のコミュニケーションが活性化し、地域で猫をかわいがる気持ちが生まれます。

地域猫活動はどうすればいいの?

  1. 地域で、活動の実施について合意をとる 
  2. 対象となる猫の把握
  3. 飼育管理の準備と実践
  4. 不妊去勢手術の実施
  5. 継続した飼育管理
  6. 譲渡活動
  7. 活動地域の住民に報告

地域猫活動について、もっと詳しく知りたいときは

岡山県動物愛護センターもしくは瀬戸内市役所生活環境課に問い合わせいただくか、岡山県動物愛護センターホームページ及び地域猫活動パンフレットをご覧ください。パンフレットは、当ページ下部の岡山県動物愛護センターホームページのリンク先からダウンロードできます。


問い合わせ先

岡山県動物愛護センター    電話(086)724-9512

瀬戸内市役所生活環境課    電話(0869)22-1899

岡山県動物愛護センター「地域猫活動の支援について」のページ

環境省「動物の愛護と適切な管理」パンフレット・報告書等のページ

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
環境部生活環境課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1899
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら