土砂災害に十分な警戒をお願いします

土砂災害はいつ、どこで発生するかわかりません。

8月に発生した広島市の土砂災害をはじめ、近年、時間雨量100ミリを超える集中豪雨が多発し、全国各地で災害が発生しています。また、多くが深夜・早朝といった避難行動が難しい時間帯で発生しています。瀬戸内市においても同様の災害が発生する可能性が十分にあります。命を守るために、台風・集中豪雨による土砂災害に十分な警戒をお願いします。

早めの避難行動が重要です。

避難勧告などが発令されていなくても、危険を感じたら自主的に避難することも大切です。土砂災害のおそれがあるときは、早めに安全な避難場所に移動したり、屋外が危険な場合は、最寄の頑丈な建物の高い場所やがけの反対側の2階以上に移動したりしましょう。

防災用語や避難場所を確認しておきましょう

災害の発生のおそれがある時、適切な避難行動ができるよう、日頃から次の内容を確認しておきましょう。

避難勧告などの意味を確認しましょう。

市が発令する避難情報は、「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」の3つです。
人的被害の可能性は、【避難準備情報】、【避難勧告】、【避難指示】の順に高くなります。これらは避難を強制するものではありませんが、その意味を理解し、状況に応じて、自分の生命を守るために必要な行動をとってください。

避難準備情報

通常の避難行動ができる人が気象情報に注意をはらい、避難の準備をするほか、避難行動に時間を要する人(要配慮者)が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が高まった状況の時に発令するものです。

避難勧告

通常の避難行動ができる人が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する危険性が明らかに高まった状況の時に発令するものです。

避難指示

人的被害の発生する危険性が非常に高いと判断された時、または、すでに人的被害が発生した状況のときに発令するものです。

土砂災害に関する避難勧告などを発令する段階(一部)

土砂災害に関する避難情報を発令するのは、主に次の場合です。

  • 強い降雨を伴う台風が夜間から明け方に接近・通過することが予想される場合
  • 土砂災害警戒情報が発表された場合

土砂災害警戒情報とは、大雨で土砂災害のおそれがある時、岡山県と岡山地方気象台が共同して、市町村ごとに発表する防災気象情報です。市民の皆さんの自主避難や、市が避難勧告等を発令する際の判断の目安となる情報です。詳細は、避難勧告等の判断基準・伝達マニュアルをご確認ください。

避難勧告等に関するガイドライン

住んでいる地域の土砂災害の危険性や避難場所を確認しましょう。

市では、地域における災害に対する備えの強化、住民の災害時の避難や危険回避などの自主的な行動を支援することを目的に、背後に急傾斜地があり、降雨により崩壊のおそれがある場所や、土石流が発生するおそれがある場所を示した土砂災害ハザードマップを作成しています。台風シーズンを迎えるにあたり、今一度ハザードマップを利用して、住んでいる地域の危険性を確認し、家庭または地域で、避難場所や避難経路を決めておきましょう。

土砂災害ハザードマップ(平成24年2月作成)

防災気象情報等を収集しましょう。

気象警報や土砂災害警戒情報、避難勧告などの発令状況は、地上デジタルテレビのデータ放送や気象庁、岡山県のホームページなどで収集することができます。また、最新の防災情報を配信する岡山県防災情報メールサービスや瀬戸内市メールマガジンに登録して、避難行動に役立てましょう。

岡山県防災情報メールサービス(岡山県総合防災情報システムホームページ)

瀬戸内市メールマガジンのご案内

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
危機管理部危機管理課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3904
ファクシミリ:0869-22-3299
メールフォームでのお問い合せはこちら