介護予防・日常生活支援総合事業について

平成29年4月1日から介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました。

 介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)は、65歳以上の市民を対象に、その人の状態や必要性に合わせた各種サービスを提供する市の事業です。

 総合事業には、65歳以上のすべての人が利用できる「一般介護予防事業」と介護保険で要支援に認定された人や基本チェックリストで対象と判定された人が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」があります。

 平成29年4月から、介護保険で要支援1・2の人が利用している介護予防サービス(予防給付)のうち、訪問介護および通所介護サービスが、総合事業の訪問型および通所型サービスへ移行しました。

 訪問介護および通所介護以外の要支援者に対する介護予防サービス(訪問看護、福祉用具貸与など)は、これまでと変わらず「予防給付」によるサービスを提供します。

 サービスを利用中の人は、4月以降の介護認定更新時から総合事業のサービスへ移行となります。

 

【サービス利用者向け】

介護予防・生活支援サービス事業

対象者

・ 要支援1・2の人

・ 基本チェックリストで対象と判定された人(事業対象者)

 

介護予防・生活支援サービス事業の表

種類

内容
訪問型サービス 介護予防訪問 現在の介護予防サービス(予防給付)と同等のサービス
手助け訪問 生活支援(掃除や洗濯、調理など)のみ
ささえあい訪問 無償ボランティアによるサービス
通所型サービス 介護予防デイサービス 現在の介護予防サービス(予防給付)と同等のサービス
元気アップデイ 運動プログラムを中心に生活機能の回復を目指す

 

サービス事業所一覧(訪問介護)(EXCEL:34.9KB)

サービス事業所一覧(通所介護)(EXCEL:35.1KB)

 

 

一般介護予防事業

対象者

・ 65歳以上のすべての人

内容

はつらつ教室(はつらつOB会など)

 地域のコミュニティなどを活用し、家に閉じこもりがちにならないように、同年代の人々とのふれあい、転倒予防体操などを通して、生きがいのある生活を目指します。

 

 その他、利用者の多様なニーズに応えられるよう、健康な高齢者を含む地域住民やボランティア団体などの多様な主体によるサービスを順次整備していきます。

 サービスの利用を希望する人は、瀬戸内市地域包括支援センターまたは瀬戸内市いきいき長寿課にご相談ください。現在、介護予防サービス(予防給付)利用中の人は、担当のケアマネジャーにご相談ください。

 

 

利用の流れ

【事業者向け】

 

(指定申請)

必要な申請書様式をダウンロードして提出してください。

 

 

申請提出書類

指定申請書(共通)(WORD:13.2KB)

別紙様式(共通)(WORD:27.5KB)

変更届出書(共通)(WORD:17KB)

廃止休止再開届出書(共通)(WORD:16.9KB)

添付書類一覧(訪問型)(EXCEL:67.1KB)

添付書類一覧(通所型)(EXCEL:82KB)

介護予防・日常生活支援総合事業費単位数サービスコード表及び単位数表マスタについて

 介護予防・日常生活支援総合事業単位数サービスコード表及び単位数表マスタは次のとおりです。

 

 本市サービスコード表は、本市の指定を受けた事業者(平成27年3月31日時点で介護予防訪問介護又は介護予防通所介護の指定を受けている事業者を含む。)が、瀬戸内市の被保険者(本市を保険者とする住所地特例適用被保険者を除く。)及び瀬戸内市内の住所地特例対象施設に入所等している住所地特例適用被保険者にサービス提供した場合に使用するものになります。

 

 平成29年4月からの処遇改善加算拡充に伴い介護予防・日常生活支援総合事業のサービスコード表を変更しました。

 

瀬戸内市総合事業サービスコード表にかかる留意事項(WORD:16.9KB)

瀬戸内市総合事業サービスコード表(EXCEL:53.1KB)

瀬戸内市総合事業単位数表マスタ(CSV:15.8KB)

 

 

【その他】

総合事業関係Q&A(WORD:13KB)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部いきいき長寿課高齢者支援係
〒701-4293
瀬戸内市長船町土師291番地
電話:0869-26-5948
ファクシミリ:0869-26-8840
メールフォームでのお問い合せはこちら