後期高齢者医療制度

問い合わせ先

市民課医療費給付係 電話:0869-22-3958

岡山県後期高齢者医療広域連合

電話:086-245-0090

手続概要

受診された医療機関の窓口に後期高齢者医療被保険者証を提示することで、一部自己負担部分を除き医療費が助成されます。

助成対象は次の人です。

  1. 75歳以上の人
  2. 65歳以上で身体障害者手帳1~3級、4級の一部の人
  3. 65歳以上で障害年金1・2級の人、精神障害者保健福祉手帳1・2級の人
  4. 65歳以上で療育手帳Aの人

手続様式

  • 後期高齢者医療被保険者資格取得届出書
  • 高額療養費の給付申請書
  • 限度額適用・標準負担額減額認定申請書
  • 第三者行為による傷病届
  • 後期高齢者医療 療養費支給申請書
  • 後期高齢者医療 葬祭費支給申請書

手数料

不要

その他

次の場合には手続きを行ってください。

  • 満75歳に到達する人には、「後期高齢者医療被保険者証」を市民課から郵送にてお送りしますので、手続きは不要です。満75歳の誕生日から「後期高齢者医療被保険者証」を医療機関窓口にて提示をしてください。
  • 65歳以上で身体障害者手帳1~3級、4級の一部の人や65歳以上で障害年金1・2級の人、精神障害者保健福祉手帳1・2級の人や65歳以上で療育手帳Aの人で、申請をする場合は健康保険証、印鑑、身体障害者手帳(または精神障害者保健福祉手帳・療育手帳)を持参し、窓口で「後期高齢者医療被保険者証」の交付申請をしてください。申請日から交付を受けることができます。
  • 被保険者証をなくしたときは、印鑑、運転免許証などの本人確認書類を持参し、窓口で「後期高齢者医療被保険者証」の再交付申請をしてください。
  • 高額医療費に該当する金額を支払ったときは、被保険者証、印鑑を持参し、窓口で高額医療費の給付申請をしてください。
  • 市(町村)民税非課税世帯に属する人などで入院する(した)ときは被保険者証、印鑑を持参し、窓口で限度額適用・標準負担額減額認定の申請をし、認定証の交付を受けてください。平成24年4月診療分からは外来でも有効になります。
  • やむを得ない事情により減額認定の申請ができなかった場合で、既に支払済みの人は、申請によって払戻しを受けることができます。
  • 交通事故などで治療を受けるときは、「第三者行為による傷病届」が必要です。詳しくは瀬戸内市市民課 医療費給付係まで連絡してください。
  • 被保険者証を提示せずに治療費全額を支払った場合に払い戻します。また、コルセットなどの補装具や接骨院で治療を受けた場合などにも給付を受けることができます。申請の際には、病院等の領収証、治療内容の明細書、被保険者証、印鑑、振込先の分かるもの、補装具等は医師の意見書及び同意書を持参してください。
  • 被保険者が死亡した場合、その葬祭を行った人に5万円が支給されます。申請の際には、印鑑、振込先の分かるものを持参してください。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
市民部市民課医療費給付係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3958
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら