被仏

被仏(かぶりぼとけ)

裳裾部から下を別構造とした上下二部式像の像です。下部は失われていますが、上部は全体を寄木造にして胎内を完全に空洞化し、裳裾部が付くところにある穴部から人が頭を挿し込んで被るようになっています。弘法寺踟供養の時に極楽浄土に見立てた堂の前で観音菩薩ら一行を迎える阿弥陀如来として用いられます。

被仏

被仏

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
文化観光部文化観光課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3953
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合わせはこちら