本蓮寺本堂

本蓮寺 本堂(ほんれんじ ほんどう)

棟木の墨書銘から現在の建物は本蓮寺の檀那であった石原氏の助力を受け、明応元年(1492)に再建されたものとわかります。平面は正面五間、側面五間、正面中央一間に向拝をつけています。構造は寄棟造、本瓦葺、斗栱(ときょう)はなく、円柱の上に大斗(だいと)、舟肘木を置いて丸桁を支えています。軒は二軒疎垂木(ふたのきまだらだるき)、化粧小舞軒となっています。

本蓮寺 本堂

国指定 本蓮寺 本堂

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
文化観光部文化観光課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3953
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合わせはこちら