本蓮寺 番神堂

本蓮寺 番神堂[3棟](ほんれんじ ばんじんどう)

法華経を守護する三十番神を祀った神堂で、覆屋の中に、東より東祠、中祠、西祠の3棟の建物が並んでいます。建築年代は建立銘より西祠は明応9年(1500)、他も室町時代後期とされています。中祠は一間社で、入母屋造、柿葺、向拝付、軒は二軒繁 となっています。東祠と西祠は一間社で、流造、柿葺、軒は一軒繁となっています。

本蓮寺 番神堂

本蓮寺 番神堂

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
教育委員会社会教育課文化振興係
〒701-4392
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地
電話:0869-34-5604
ファクシミリ:0869-34-4790
メールフォームでのお問い合せはこちら