静円寺 光明院玄関

静円寺 光明院玄関(じょうえんじ こうみょういんげんかん)

向唐破風造、本瓦葺の客殿玄関です。客殿は正徳4年(1715)、伊木忠義によって再建されたもので、玄関はその後作られたとされています。伊木氏が静円寺参詣の際に駕籠が横付けされるため、玄関の幅を2間半に改造したものと伝えられています。

 

静円寺 光明院玄関

静円寺 光明院玄関

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
文化観光部文化観光課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3953
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合わせはこちら