築山古墳

築山古墳(つきやまこふん)

5世紀後半の瀬戸内市を代表する前方後円墳です。この古墳は二重周濠が巡り、墳丘裾とテラス、墳頂部に円筒埴輪が巡らされ、15センチメートル大の角礫の葺き石も葺かれていたようです。後円部には竪穴式石室の一部が露出し、そのなかに阿蘇山の凝灰岩製家形石槨が置かれています。全長115メートル。

築山古墳

築山古墳

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
文化観光部文化観光課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3953
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合わせはこちら