朝鮮通信使遺跡牛窓本蓮寺境内

朝鮮通信使遺跡牛窓本蓮寺境内(ちょうせんつうしんしいせきうしまどほんれんじけいだい)

本蓮寺は江戸時代に日本国と朝鮮国の善隣友好の使者として、12回渡日した朝鮮通信使が牛窓港に寄港した際に、三使の宿館として4回利用されました。三使の宿館が御茶屋に移った後も朝鮮通信使を接待する岡山藩の接待役の宿館になるなど、利用されました。本蓮寺には朝鮮通信使が書いた書軸や青磁の花瓶などが伝わっています。

朝鮮通信使遺跡

朝鮮通信使遺跡

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
教育委員会社会教育課文化振興係
〒701-4392
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地
電話:0869-34-5604
ファクシミリ:0869-34-4790
メールフォームでのお問い合せはこちら