寒風古窯跡群

寒風古窯跡群(さぶかぜこようせきぐん)

7世紀初頭から8世紀初頭の約100年間にわたって須恵器が焼かれていたところです。出土遺物は杯や甕など一般的なものの他に鴟尾や硯、陶棺があり、焼かれた須恵器が奈良の都からも出土することから、単なる地方窯ではなく、半官窯的な性格をもつ窯であることがうかがえます。史跡内には長さ10メートルを越える窖窯が5基確認されています。

寒風古窯跡群

寒風古窯跡群

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
教育委員会社会教育課文化振興係
〒701-4392
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地
電話:0869-34-5604
ファクシミリ:0869-34-4790
メールフォームでのお問い合せはこちら