遍明院 菊花双雀鏡

遍明院 菊花双雀鏡(へんみょういん きっかそうじゃくきょう)

この鏡は報恩大師を葬ったと伝えられる報恩山より出土したと伝えられています。鏡背面に界圏はなく素面で、鈕の鋳出しも小さい湖州鏡系の円鏡です。この鈕の外側に菊の花と2羽の雀の文様を鋳出しています。この文様の表現から平安時代後半のものと考えられています。
 

遍明院 菊花双雀鏡

遍明院 菊花双雀鏡

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
教育委員会社会教育課文化振興係
〒701-4392
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地
電話:0869-34-5604
ファクシミリ:0869-34-4790
メールフォームでのお問い合せはこちら