弘法寺 報恩大師供養塚

弘法寺 報恩大師供養塚(こうぼうじ ほうおんだいしくようづか)

永倉山の山頂に数多くの石が積み重ねられた供養塚は、孝謙天皇の病を祈祷により治し、備前国に四十八ヶ寺を建てることを許され建立し、延暦14年(795)に亡くなったといわれる報恩大師の墓地と伝えられています。この墓所は奥の院と呼ばれ、『千手山弘法寺略縁起』によれば、弘法寺の奥の院としてだけではなく、備前国四十八ヶ寺の奥の院でもあったとあります。

 

弘法寺 報恩大師供養塚

弘法寺 報恩大師供養塚

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
教育委員会社会教育課文化振興係
〒701-4392
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地
電話:0869-34-5604
ファクシミリ:0869-34-4790
メールフォームでのお問い合せはこちら