地震時の対策

地震から身を守るために

自宅にいるときに地震が起こったら

1自分の身を守る

大きな揺れを感じたら、机やベッド、布団の下などに隠れて身を守る。また乳幼児や病人、高齢者などの安全を確保する。

地震から身を守る

 手で頭を守る基本姿勢

机など身を守るためのものが身近に何もない場合は、手で頭を覆いましょう。手を頭に密着させると落下物の衝撃をじかに受けるので、少し離してすきまをつくる。ガラスなどの落下物で動脈を切らないように、必ず手のひらを下に向ける。

2すばやく火の始末

ガスコンロやストーブなどの火をすばやく確実に消す。揺れが小さいときはすぐに、揺れが大きいときはおさまってから火を始末する。

3脱出口を確保する

ドアや窓をすばやく開けて、逃げ道を確保する。特に鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、ドアなどを閉めたままにしておくと、変形して開かなくなることがあります。

4出火していたら初期消火

「火事だ」と大声で叫び、あわてず落ち着いて119番通報し、隣近所にも協力を求めて、火の小さいうちに、初期消火に努める。(火が天井面に移る前に)日ごろから、消火器は必ず設置、点検しておく。

5逃げるときは落下物に注意

外に逃げるときは、かわらやガラス、看板などの落下物に注意し、落ち着いて行動する。

6避難は徒歩で、持ち物は最小限に

避難場所へは、車を使わず徒歩で避難しましょう。(状況により各自で判断しましょう)避難するときは、ガスの元栓を締め、電気のブレーカーを切る。高齢者や障がい者などのいる家庭は、早めに避難する。

7狭い路地やブロック塀には近づかない

ブロック塀や門柱、自動販売機などは倒れやすいので、避難のとき近づかない。

8山崩れ、崖崩れ、津波に注意

山間部や海岸で地震を感じたら、早めに危険地帯から離れる。

9みんなで協力し合って応急救護

お年寄りや身体の不自由な人、けが人などに声をかけ、自主防災組織などみんなで助け合う。

10正しい情報を聞く

うわさやデマに惑わされず、テレビ、ラジオ、防災行政無線などから正しい情報を入手し、冷静に行動する。

 自宅以外の場所で地震が起こったら

会社では

・窓際や資料棚など、物が落ちてくる場所から離れて、机の下などに入って身を守る。

会社で地震から身を守る

学校では

・先生や校内放送の指示に従う。

・教室内にいるとき、すぐに机の下にもぐり、身を守る。

・窓や本棚から離れて、安全な場所(グラウンドや体育館など)に移動する。

学校で地震から身を守る

エレベーターの中では

・自動停止した階で降りる。自動停止しなければ、すべての階のボタンを押し、停止した階で外に出る。

・閉じ込められたときは、非常ボタンやインターホンで連絡をとり、救出を待つ。

エレベーターで地震から身を守る

繁華街では

・ガラスや看板などの落下物に注意する。

繁華街で地震から身を守る

地下街では

・柱や壁に身を寄せて、あわてずに揺れがおさまるのを待つ。

・火災が発生した場合は、ハンカチなどで鼻と口をおおって、壁づたいに姿勢を低くして地上を目指す。

地下街で地震から身を守る

電車の中では

・店頭や落下物に注意して、つり革や手すりにつかまる。

・座っているときは、足を踏ん張って状態を前かがみに、手荷物などで頭を守る。

電車で地震から身を守る

車の運転中では

・道路の左側に停車し、揺れがおさまるまで車内ラジオで情報を聞く。

・避難が必要なときは、キーをつけたまま、ロックせず、車検証などを持って、徒歩で避難する。

車で地震から身を守る

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
危機管理部危機管理課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3904
ファクシミリ:0869-22-3299
メールフォームでのお問い合せはこちら