浸水後の感染症対策・消毒

浸水後の感染症の予防について

 水害(浸水)の後は、感染症発生の恐れがありますので、次のことを守りましょう。

 

1 生水は絶対に飲まないようにしましょう。

 ・泥水等で汚染された井戸については、水質検査により安全性を確認してから使用してください。

 

2 食物は生で食べないようにして、必ず加熱して食べましょう。

 ・汚水に接触した食品は思い切って捨てましょう。

 ・長時間停電した地域では、冷蔵庫に入っていた食品(特に要冷蔵食品や要冷凍食品)は使用せずに廃棄

  するようにしてください。

 ・調理器具については、よく洗浄し、煮沸あるいは熱湯消毒をしてから使いましょう。

 ・食器については、台所用漂白剤を使用しても良いでしょう。

 

3 食事の前、調理の前、用便後は必ず手を洗いましょう。

 

4 症状がある場合は、医療機関を受診しましょう。

 ・お腹や身体の具合の悪い人は(発熱、下痢など)、早急に医師に診てもらいましょう。

 

 

浸水した家屋等の消毒について

1 屋内

 ・泥水等で汚染された部分を十分水洗し、乾燥した後、1ℓの水にベンザルコニウム塩化物液(オスバ

  ン)10ccを溶かしたもので、ふきとり消毒をしてください。

 ・調理器具は、十分洗浄した後、煮沸あるいは熱湯消毒をしましょう。

 ・衣類、寝具は、日光を十分あてて、よく乾かしましょう。

 ・汚れた泥や、ごみ、糞尿は、指定された場所に捨て、川や道路には捨てないようにしましょう。

 

2 床下

 ・畳を上げて風通しをよくし、消石灰をまいてください。

 

3 浸水したトイレ(くみ取り)周りの消毒

 ・消石灰を地面が見えなくなるくらいまき、オスバン水を噴霧してください。(浄化槽については、浄化

  微生物に影響を及ぼすのでオスバン水を使用しないでください。)

 

 《注意事項》

 ・オスバン原液が皮膚にかかるとかぶれます。取り扱いの際は、必ずゴム手袋を使用してください。ま

  た、小児等の手の届かない所で保管してください。

 ・汚れた泥や、ごみ、糞尿は、指定された場所に捨て、川や道路には捨てないようにしましょう。

 ・消毒方法等、詳しいことは瀬戸内市健康づくり推進課へお問い合わせください。

 

浸水による感染症予防の注意点 (PDF:211.9KB)

 

 

【お問い合わせ先】

瀬戸内市 保健福祉部 健康づくり推進課

〒701-4264 瀬戸内市長船町土師277番地4 電話 0869-26-5962

 

岡山県備前保健所 保健課 保健対策班

〒703-8278 岡山市中区古京町1-1-17 電話 086-272-3934(直通)

同階層ページ

用語解説

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。