平成30年度少年消防クラブ一日体験入校を実施しました

平成30年8月8日岡山県消防学校で一日体験入校を実施しました。市内の少年消防クラブ員24名が参加して、暗闇での迷路体験、放水訓練、新人消防士の訓練見学、火災実験を行い、防火防災について学びました。

暗闇での迷路体験

実際の訓練施設を使用しての体験で暗闇で避難する怖さ、難しさを学びました。

逆走して、スタート地点に戻ってしまったりするクラブ員もいました。

 

 

 

 

放水訓練

 放水訓練では水圧のすごさに驚いていました。また、水の飛ぶ距離に驚くクラブ員もいました。学校教官に協力してもらいなんとか筒先を保持することができ、とても良い体験をすることができました。

訓練見学

 新人消防職員が訓練する様子を見学しました。声の大きさ、走っている姿、汗の量に驚いていました。「防火服って暑いのかな。」「どのくらいの重さなのかな。」といった質問が教官に寄せられていました。 

 

 

火災実験

 火災実験では小麦粉を使用しての粉じん爆発の実験、家庭用コンセントにホコリを詰めてトラッキング現象を再現した実験、コンセントを束ねてドライヤーを使用して、束ねたコンセントが短絡する実験を行いました。みんな興味津々に見学したり体験することができました。みんな「家に帰ったらコンセント見てみよう。」「怖いな。」「危ないな。」と仲良くなったクラブ員と話していました。身近なところに火災の危険がたくさんあることを学びました。

とても楽しく、貴重な経験をすることができました。

参加者の皆さん、暑い中大変お疲れ様でした。

 

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
消防本部予防課
〒701-4214
瀬戸内市邑久町本庄1795番地
電話:0869-22-1493
ファクシミリ:0869-22-1762
メールフォームでのお問い合せはこちら