捨てるのはもったいない!食品ロスを減らそう

食品ロスってなに?

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられる食品のことです。

日本では、年間約2,801万トンの食品廃棄物が出ています。このうち、まだ食べられるもの、いわゆる食品ロスは年間約642万トンです。これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗1杯分の食べ物を捨てていることになります。

食品ロスのうちの半分は家庭からのもので、年間約312万トンにもなると言われています。家庭での1人当たりの食品ロスを試算すると、1年間で24.6キログラムに及び、茶碗164杯分のごはんに相当します。

食品ロスが出る理由

食品ロスは、次のような理由で発生します。

  1. 過剰除去
    (食べられるところまで捨てること。皮の厚むきなど。)
  2. 直接廃棄
    (期限切れなどで手付かずで捨てられること。)
  3. 食べ残し
    (量が多くて食べ残すこと。)

家庭における食品ロスの内訳

食品ロスを減らすためにできること

買い物で

  • 買い物に行く前には冷蔵庫や戸棚の中の食品の量を確認しましょう。
  • 必要以上に買いすぎず、使い切れる量を買いましょう。
  • 賞味期限と消費期限を正しく理解して買いましょう。
  • すぐ食べるものは、棚の手前(賞味期限の近いもの)から取りましょう。

調理で

  • できるだけ食材を使い切り、残ってしまった食品は早めに使い切りましょう。
  • 食べ切れる量を作るようにしましょう。

食事で

  • 好き嫌いせず、残さず食べましょう。
  • 外食するときは、食べ切れる量を注文しましょう。

どうしても食品ロスが出るときは

  • コンポストや生ごみ処理機があれば活用し、たい肥化するようにしましょう。
    (コンポストや生ごみ処理機を購入する際に利用していただける補助金制度があります。詳しくは生活環境課までお問い合わせください。)
  • 生ごみを捨てるときは水気をよく切ってから捨てましょう。

賞味期限と消費期限

食品の期限表示には、「賞味期限」と「消費期限」の2種類があります。

「賞味期限」はおいしく食べることができる期限です。期限が近くなったからと言って、食べられなくなるわけではありません。

「消費期限」は安全に食べることができる期限です。期限内に食べるようにしましょう。

「賞味期限」と「消費期限」の違いを理解して買い物や保管をするようにしましょう。

賞味期限と消費期限の違い

残さず食べよう!30・10(さんまる・いちまる)運動

「30・10運動」とは、宴会時の食べ残しを減らすための取り組みです。

宴会での1食当たりの食べ残しの量(飲料類を除く)は、食堂やレストランの約5倍!

「もったいない」を意識して、おいしく食べ切り宴会を楽しみましょう。

「30・10運動」に挑戦してみよう!

宴会前

食べ切れる量を注文しましょう。

味わいタイム

乾杯後30分間は席に残って料理を楽しみましょう。

楽しみタイム

乾杯から30分過ぎたら、親睦を深める「楽しみタイム」!

料理のことも忘れず、食事も楽しみましょう。

食べ切りタイム

お開き前の最後の10分間は、自分の席に戻ってもう一度料理を楽しみましょう。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
環境部生活環境課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1899
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら