年の途中で亡くなった人の個人住民税(市県民税)はどうなりますか?

個人住民税(市県民税)は、毎年1月1日現在で住所のある人に対して、前年中(1月1日~12月31日)の所得にもとづいて、その住所地の市区町村で課税されます。1月2日以降に死亡した人であっても、その年度の個人住民税(市県民税)はすべて納めていただくことになります(実際には相続人に納税義務が承継されます)。
 

同階層ページ

関連リンク

個人住民税(市県民税)について

用語解説

お問い合わせ先
市民部税務課市民税係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1114
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら