身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の申請について

身体に障害のある人、知的障害や精神障害のある人に対し、申請により、各種の手帳を交付します。

手帳を所持している人は、障害の程度・内容により医療費の助成、交通機関の割引、補装具や日常生活用具の交付、税の軽減などが受けられる場合があります。

手続概要

障害のある人が日常生活や社会生活のための援助を受けるときに必要な手帳です。

手帳の種類には次のものがあります。

  1. 身体障害者手帳(身体に障害がある人が対象)
  2. 療育手帳(知的障害のある人が対象)
  3. 精神障害者保健福祉手帳(精神障害のある人が対象)

個人番号(マイナンバー)の記入が必要です

詳細は以下をご参照ください

個人番号(マイナンバー)の記入が必要です!

1.身体障害者手帳の申請

  • 障害の程度に応じて1級から6級までの等級があります。また、移動の困難な状況に応じて 第1種と第2種に分かれています。
  • 身体障害者手帳をお持ちの方は、その障害の程度などに応じて各種の制度を利用できます。

対象者

肢体(上肢・下肢・体幹・脳原性運動機能障害)、視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語又はそしゃく、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、心臓、じん臓、肝臓、免疫、各機能に永続する障害のある方

身体障害者障害程度等級表(PDF:210.7KB)

手続き方法

次の書類を持参の上、窓口で手続きをしてください。

1)身体障害者診断書・意見書(障害の部位によって診断書が異なります)

  「身体障害者診断書・意見書」を作成できる医師は身体障害者福祉法第15条の規定による医師の指定を

  県等から受けている方となります。(岡山県、倉敷市の指定医師については下記リンク参照)

  (注意)作成料金が発生します。

        作成後3ヶ月以内に提出ください。

2)身体障害者手帳交付申請書(各窓口にあります)

  (注意)「個人番号(マイナンバー)の記入」が必要です。

3)印鑑

4)顔写真(たて4センチメートル、よこ3センチメートル)

   (注意)顔写真は、上半身脱帽の原則1年以内に撮影したもの1枚が必要です。

         背景は無地でなくても結構です。

5)個人番号(マイナンバー)の確認が出来るもの・・・通知カード、個人番号カード

6)本人確認が出来るもの・・・個人番号カード、運転免許証等

手続きの流れ

身体障害者手帳取得をお考えの皆様へ(WORD:51.9KB)

その他手続きに必要なもの

次の場合や手帳の記載事項に変更があったときは

個人番号(マイナンバー)の確認が出来るもの・・・通知カード、個人番号カード

本人確認が出来るもの・・・個人番号カード、運転免許証等

を持参のうえ、

手続きをしてください。

(注意)「個人番号(マイナンバー)の記入」が必要です。

    

その他手続きに必要なもの
 
手続 内容・申請書 印鑑 顔写真 診断書・意見書 手帳

新規交付

初めて手帳の交付を受けようとするとき

  • 身体障害者手帳申請書

  要

 

等級変更、

障害名追加

障害程度が変わったり、

他の障害が加わったとき

  • 身体障害者手帳再交付申請書

居住地、

氏名変更

住所や氏名が変わったとき

  • 身体障害者居住地等変更届

(注意)転出時は転入先で手続きを

         してください。

   

紛失

手帳を紛失したとき

  • 身体障害者手帳再交付申請書

   

破損

手帳が破損したとき

  • 身体障害者手帳再交付申請書

 



返還

手帳の交付を受けた方が死亡されたとき

または必要なくなったとき

  • 身体障害者手帳返還届

   

再判定

再認定期日が定められているとき

  • 身体障害者手帳再交付申請書

(注意)障害が治癒した場合は、手帳

         と返還届を提出ください。



取下げ

申請を取下するとき

  • 身体障害者手帳申請取下書

     

 

  • 身体障害者診断書・意見書は各窓口にあります。(障害の部位によって診断書が異なります)
  • 顔写真は、上半身脱帽の原則1年以内に撮影したもの1枚が必要です。背景は無地でなくても結構です。
  • 再交付等により新手帳の交付を受けた場合、旧手帳を窓口へ返還してください。

岡山県 身体障害者手帳診断書・意見書の様式、身体障害者福祉法第15条の規定による指定医師名簿

 

身体障害者診断書・意見書の様式、身体障害者福祉法第15条の規定による指定医師名簿について(岡山県ホームページ)

倉敷市 身体障害者福祉法第15条の規定による指定医師名簿

 

倉敷市 指定医師名簿(倉敷市ホームページ)

岡山市の指定医師については岡山市保健福祉局障害者更生相談所へお問い合わせください。

 岡山市保健福祉局障害者更生相談所 身体障害係

 

    所在地     〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号

    電話番号    086-803-1248 

    ファクシミリ  086-803-1771

 

 

身体障害者手帳申請書等様式

 

身体障害者手帳交付申請書(PDF:46.2KB)

身体障害者手帳再交付申請書(PDF:51.1KB)

身体障害者居住地等変更届(PDF:54KB)

身体障害者手帳返還届(PDF:42.9KB)

身体障害者手帳申請取下書(PDF:10.1KB)

委任状(代理の方が申請する場合)(WORD:17.1KB)

提出先

提出先
窓口 住所等

福祉課障害福祉係

〒701-4264

瀬戸内市長船町土師277番地4

電話番号:0869-26-5943

市民課市民係

瀬戸内市邑久町尾張300番地1

牛窓支所

瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地

裳掛出張所

瀬戸内市邑久町虫明534番地2

 

 

2.療育手帳の申請

  • 障害の程度に応じてA(最重度・重度)・B(中度・軽度)の区分があります。
  • 療育手帳をお持ちの方は、在宅サービス・施設サービス(通所・入所)などを利用できます。
  • 岡山県中央児童相談所または岡山県知的障害者更生相談所の判定に基づき、岡山県知事が交付します。
  • 岡山県中央児童相談所または岡山県知的障害者更生相談所の判定を受けるためには、事前の予約が必要となります。

対象者

岡山県中央児童相談所または岡山県知的障害者更生相談所で知的な障害があると判断された方

手続方法

  • 18歳未満・・・岡山県中央児童相談所
  • 18歳以上・・・岡山県知的障害者更生相談所

に電話予約をして判定を受けた後、次の書類を持参の上、窓口で手続きをしてください。

1)療育手帳交付申請書(各窓口にあります)

2)顔写真(たて4センチメートル、よこ3センチメートル)

3)印鑑

(注意)顔写真は、上半身脱帽の原則1年以内に撮影したもの1枚が必要です。

      背景は無地でなくても結構です。

岡山県央児童相談所、岡山県知的障害者更生相談所連絡先

岡山県中央児童相談所(18歳未満)http://www.pref.okayama.jp/soshiki/192/

〒700-0807 

岡山県岡山市北区南方2丁目13-1県総合福祉・ボランティア・NPO会館

電話番号086-235-4152

 

岡山県知的障害者更生相談所(18歳以上)http://www.pref.okayama.jp/page/detail-29107.html

〒700-0807

岡山県岡山市北区南方2丁目13-1県総合福祉・ボランティア・NPO会館

電話番号086-235-4316

その他の手続きに必要なもの

次の場合や手帳の記載事項に変更があったときは必ず手続をしてください。

その他手続きに必要なもの
手続 内容・申請書 印鑑 顔写真 手帳

新規交付 

初めて手帳の交付を受けようとするとき

  • 療育手帳交付申請書

 

紛失

手帳を紛失したとき

  • 療育手帳再交付申請書

 

破損など

手帳が破損したとき、余白がなくなったとき

写真を変えたいとき

  • 療育手帳再交付申請書

県内転居、

氏名、

保護者変更

住所(県内)や氏名が変わったとき

保護者を変えるとき

  • 療育手帳記載事項変更届

(注意)

  1. 転出時は転入先で手続きをしてください。
  2. 岡山市からの転入の場合は、手帳の記載事項の訂正により岡山市発行の手帳を継続使用。

 

要

県外転入

県外から岡山県に転入するとき

  • 療育手帳交付申請書
  • 療育手帳判定資料活用申出書

(注意)

  1. 転出時は転入先で手続きをしてください。
  2. 岡山県の療育手帳制度要綱に基づき新規に交付。それまでの間、旧住所地の手帳の記載事項を訂正して使用。
  3. 前住所地の判定資料を活用(判定資料活用申出書)資料判定が困難な場合は判定機関に来所する必要があります。

返還

該当しなくなったとき、死亡したときなど

手帳が必要なくなったとき

  • 療育手帳返納届

 

 

  • 顔写真は、上半身脱帽の原則1年以内に撮影したもの1枚が必要です。背景は無地でなくても結構です。
  • 再交付等により新手帳の交付を受けた場合、旧手帳を窓口へ返還してください。

留意事項

療育手帳は、数年に1度、再判定を受ける必要があります。

(注意)

   再判定年月は手帳の再判定欄に記載されています。

   岡山県中央児童相談所(18歳未満)、岡山県知的障害者更生相談所(18歳以上)

   で判定を受けてください。(電話予約必要)

 

療育手帳申請書等様式

療育手帳交付申請書(PDF:41.7KB)

療育手帳再交付申請書(PDF:25.1KB)

療育手帳記載事項変更届(PDF:29KB)

療育手帳判定資料活用申出書(PDF:18.8KB)

療育手帳返還届(PDF:20.4KB)

委任状(代理の方が申請する場合)(WORD:17.1KB)

提出先

提出先
窓口 住所等

福祉課障害福祉係

〒701-4264

瀬戸内市長船町土師277番地4

電話番号:0869-26-5943

市民課市民係

瀬戸内市邑久町尾張300番地1

牛窓支所

瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地

裳掛出張所

瀬戸内市邑久町虫明534番地2

 

 

3.精神障害者保健福祉手帳の申請

  • 障害の程度によって1級から3級の区分があり、手帳が交付されると税制上の優遇措置などの制度を利用できます。
  • 手帳の有効期間は2年です。
  • 更新申請に基づき2年ごとに障害の状態を再認定したうえで更新されます。

留意事項

  • 更新時期の案内はありません。
  • 申請してから交付まで3ヶ月程度掛かりますのでお早めに申請ください。
  • 手帳用の診断書で自立支援医療(精神通院)の同時申請もできます。お問い合わせください。
    (すでに自立支援医療(精神通院)所持者については、有期の調整が必要になるため、同時申請ができないこともあります。)

対象者

  • 精神疾患のある方で精神障害のために長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方。
    (入院、在宅による区別や年齢による制限はありません。)
  • 精神障害にかかる初診日から6ヶ月を経過している必要があります。
  • 知的障害者については、療育手帳制度があるため対象になりません。

手続方法

次の書類を持参の上、窓口で手続きをしてください。

1)障害者手帳交付申請書(各窓口にあります)

(注意)「個人番号(マイナンバー)の記入」が必要です。

2)印鑑

3)精神障害者保健福祉手帳(更新の方)

4)顔写真(たて4センチメートル、よこ3センチメートル)

 または

 「写真を貼付しないことに関する確認書(写真がないことで受けられるサービスに差異が生じることを

  了解するもの)」

(注意)顔写真は、上半身脱帽の原則1年以内に撮影したもの1枚が必要です。

    背景は無地でなくても結構です。

5)添付書類(ア、イのいずれか)

  ア、医師の診断書(初診日から6ヶ月以降のものに限る)

    下記リンクからダウンロードまたは各窓口にあります。

    (注意)6ヶ月以内に作成したもの

  イ、精神障害を支給事由とする障害年金を現に受けていることを証明する書類の写し

     (診断書の種類が7または700の年金証書、年金裁定通知書、直近の振込通知書)、

    及び同意書

    (注意)同意書とは、年金事務所等への照会に必要な書類です。

 6)個人番号(マイナンバー)の確認が出来るもの・・・通知カード、個人番号カード

 7)本人確認が出来るもの・・・個人番号カード、運転免許証等

障害等級の判定

ア、診断書による申請の場合

  審査により精神障害の状態に応じて1級、2級、3級が判定されます。

イ、障害年金証書等による申請の場合

  年金1級であれば手帳1級、年金2級であれば手帳2級、年金3級であれば手帳3級となります。

(注意)審査の結果、申請が不承認となる場合もあります。(申請者宛に文書で通知します)

有効期間

  • 精神障害者保健福祉手帳の有効期間は2年です。
  • 更新は有効期間の3ヶ月前から申請できます。お早目に手続きをお願いします。
  • 更新申請に必要な書類は新規申請の場合と同じです。
  • 更新の際は改めて審査が行われ、更新前と異なる等級が判定される場合があります。
  • 更新が認定された場合は、更新前の有効期限の2年後の日が新たな有効期限となります。

その他手続きに必要なもの

次の場合や手帳の記載事項に変更があったときは

個人番号(マイナンバー)の確認が出来るもの・・・通知カード、個人番号カード

本人確認が出来るもの・・・個人番号カード、運転免許証等

を持参のうえ、

手続をしてください。

(注意)「個人番号(マイナンバー)の記入」が必要です。

その他手続きに必要なもの
手続 内容・申請書 印鑑 顔写真 手帳

県内転居、

氏名変更

市内(県内)で住所や氏名が変わったとき

  • 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書

(注意)

転出時は転入先で手続きをしてください。

 

紛失

手帳を紛失したとき

  • 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書

 

破損

手帳が破損したとき

  • 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書

返還

手帳の交付を受けた方が死亡されたとき

または必要なくなったとき

  • 精神障害者保健福祉手帳返納届

 

県外、

岡山市

からの

転入

 

手帳所持者が県外から転入してきたとき

新たに岡山県の手帳を発行します。

申請受付日を交付日とし、障害等級、有効期限は変わりません。

  • 障害者手帳交付申請書
  • 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書
  • 照会に対する同意書

(注意)

転出時は転入先で手続きをしてください。

  • 新規、更新時に必要なものは、上記「手続方法」をご参照ください。
  • 顔写真は、上半身脱帽の原則1年以内に撮影したもの1枚が必要です。背景は無地でなくても結構です。
  • 写真貼付を希望しない方は、「写真を貼付しないことに関する確認書(写真がないことで受けられるサービスに差異が生じることを了解するもの)」を提出してください。
  • 更新等により新手帳の交付を受けた場合、旧手帳を窓口へ返還してください。

 

診断書様式

「県提出用」を用意してください。窓口にもあります。

 

精神障害者保健福祉手帳診断書様式(岡山県ホームページ)

精神障害者保健福祉手帳申請書等様式

交付申請書等は複写用紙のため、窓口で記載してください。

(注意)「個人番号(マイナンバー)の記入」が必要です。

同意書(障害年金証書で申請する場合)(WORD:24KB)

照会に対する同意書(県外転入)(WORD:24KB)

写真を貼付しないことに関する確認書(WORD:21.5KB)

委任状(代理の方が申請する場合)(WORD:17.1KB)

提出先

提出先
窓口 住所等

福祉課障害福祉係

〒701-4264

瀬戸内市長船町土師277番地4

電話番号:0869-26-5943

市民課市民係

瀬戸内市邑久町尾張300番地1

牛窓支所

瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地

裳掛出張所

瀬戸内市邑久町虫明534番地2

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部福祉課障害福祉係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5943
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。