その他助成

1)福祉タクシー助成

在宅の身体障害者手帳1・2級または療育手帳Aを持っている人が外出するためにタクシーを利用する場合、タクシー基本料金の一部(利用券1枚500円、月5枚)を助成します。

対象者

在宅の身体障害者手帳1・2級所持者

在宅の療育手帳A所持者

 

上記対象者のうち次のいずれかに該当するもので、週3回以上の通院を余儀なくされ、他の交通手段が利用できないものについては、月10枚交付します。

(1)岡山県特定疾患治療研究事業実施要綱により特定疾患医療受給者証の交付を受けた者

(2)人工透析治療を受けている腎臓機能障害の者

 

申請手続に必要なもの

1)福祉タクシー利用券交付申請書

2)身体障害者手帳又は療育手帳

3)印鑑

4)委任状(代理人に委任する場合)、代理人の本人確認ができるもの

5)月10枚の交付を受ける者は、

 ・特定疾患医療受給者証の写し又は特定疾病療養受領証の写し

留意事項

事前申請が必要です。

利用者が死亡したとき、条件に該当しなくなったとき、不要になったとき、転出するときは利用券を返還ください。

 

申請書等様式

福祉タクシー利用券交付申請書(WORD:34.5KB)

委任状(代理人が申請する場合)(WORD:17.1KB)

福祉タクシー利用券ご利用の皆様へ

福祉タクシー利用券の使い方、福祉タクシー利用券の返還、利用できるタクシー会社一覧について説明をしています。参照ください。

福祉タクシー券ご利用の皆様へ(利用できるタクシー会社一覧)(WORD:51.5KB)

聴覚障がいの方へ

利用できるタクシー会社一覧のファクシミリ番号、ファクシミリ送信票があります。活用ください。

聴覚障がいの方へ(WORD:64KB)

提出先

提出先
窓口 住所等

福祉課障害福祉係

〒701-4264

瀬戸内市長船町土師277番地4

電話番号:0869-26-5943

市民課市民係

瀬戸内市邑久町尾張300番地1

牛窓支所

瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地

裳掛出張所

瀬戸内市邑久町虫明534番地2

 

2)障害者自動車運転免許取得・自動車改造助成

障害のある方が社会参加のために自動車運転免許の取得又は自動車の改造に要する費用の一部を助成します。(助成額の上限、所得制限等あり)

事前申請が必要です。

申請した年度内の助成です。

対象者

自動車運転免許の取得

市内に住所を有する身体障害者手帳又は療育手帳所持者で運転免許の取得により社会参加が認められる者(助成は1回のみ)

自動車の改造(本人用)

市内に住所を有する身体障害者手帳所持者で、その障害名が上肢、下肢又は体幹機能障害のものであって、就労等に伴い自らが所有し、運転する自動車の操行装置及び駆動装置等の一部を改造する必要がある者(所得制限あり)(過去5年間に助成を受けていないこと。ただし、障害程度の変更等により改造が必要になった場合この限りでない。)

自動車の改造(介護用)

市内に住所を有し、下肢1級・2級又は体幹機能1級・2級の身体障害者手帳所持者(車いす等を使用しなければ移動が困難な者)と同居し、当該障害者のために車の改造を必要とする者

助成額

自動車運転免許の取得

免許の取得に直接要した経費の3分の2以内の額(10万円を限度とする。)

自動車の改造(本人用)

操向装置及び駆動装置等の改造に直接要した費用の額(10万円を限度とする。)

自動車の改造(介護用)

自動車の改造に要する費用の3分の2以内の額(10万円を限度とする。)

申請手続に必要なもの

自動車運転免許の取得

自動車教習所に通所する前に、次の書類等を持参の上、申請手続きをしてください。

1)瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成(変更)申請書(様式第1号)(窓口にあります。)

2)経費見積書(免許取得経費を明らかにしたもの。)

3)身体障害者手帳又は療育手帳の写し

4)印鑑

5)その他市長が必要と認める書類

助成決定通知後に自動車教習所へ通所し、申請した年度内に自動車運転免許の取得をしてください。

自動車の改造(本人用・介護用)

自動車の改造をする前に、次の書類等を持参の上、申請手続きをしてください。

1)瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成(変更)申請書(様式第1号)(窓口にあります。)

2)経費見積書(改造の箇所及び経費を明らかにしたもの。)

3)運転免許証の写し

4)世帯全員の所得を証明するもの

5)自動車検査証の写し(購入と同時に改造する場合を除く。)

6)改造予定部分の写真(購入と同時に改造する場合を除く。)

7)自動車登録番号又は車両番号の識別が可能な写真(購入と同時に改造する場合を除く。)

8)改造箇所のカタログ

9)身体障害者手帳の写し

10)印鑑

11)その他市長が必要と認める書類

助成決定通知後に業者に改造を依頼してください。申請した年度内に改造を完了してください。

決定内容を変更することとなったときは、速やかに瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成(変更)申請書(様式第1号)を届出ください。

再申請

申請した年度内に免許を取得出来ないとき、改造が完了しないときにより決定の効力が失われたときは、申請した年度の翌年度以降に再度申請することができます。

既に自動車の改造に着手しているとき(改造が完了しているときを除く。)も再度申請をすることができます。

請求手続に必要なもの

自動車運転免許の取得

自動車運転免許取得後、速やかに次の書類等を持参の上、窓口で請求手続をしてください。

1)瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成金請求書(様式第3号)(窓口にあります。)

2)運転免許証の写し

3)自動車教習所の領収書

4)通帳の写し

5)印鑑

内容審査の上、助成金を交付します。(決定前の免許取得は対象となりません。)

自動車の改造(本人用・介護用)

自動車改造完了後、速やかに次の書類等を持参の上、窓口で請求手続きをしてください。

1)瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成金請求書(様式第3号)(窓口にあります。)

2)改造に要した費用に係る領収書(割賦契約等で支払が完了していない場合は、支払に係る契約書及び初回支払分の領収書。)

3)自動車検査証の写し(購入と同時に改造する場合又は改造により記載内容に変更があった場合に限る。)

4)改造部分の写真

5)自動車登録番号又は車両番号の識別可能な写真(購入と同時に改造する場合又は改造により記載内容に変更があった場合に限る。)

6)通帳の写し

7)印鑑

内容審査の上、助成金を交付します。(決定前の改造は対象となりません。)

助成決定の取消し

  • 助成事業完了前に死亡し、又は市外へ転出したとき。
  • 助成決定の内容に違反したとき。
  • 申請書等の内容に虚偽があるとき。
  • 不正行為があると認められたとき。

助成決定の全部又は一部を取消します。

留意事項

事前申請が必要です。

申請した年度内の助成です。

調査を実施することがあります。

自動車改造の決定内容を変更することになった場合は、届出が必要です。福祉課にお問い合わせください。

申請書様式

瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成(変更)申請書(様式第1号)(WORD:43KB)

請求書様式

瀬戸内市障害者自動車運転免許取得及び自動車改造助成金請求書(様式第3号)(WORD:19KB)

提出先

提出先
窓口 住所等

福祉課障害福祉係

〒701-4264

瀬戸内市長船町土師277番地4

電話番号:0869-26-5943

市民課市民係

瀬戸内市邑久町尾張300番地1

牛窓支所

瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地

裳掛出張所

瀬戸内市邑久町虫明534番地2

 

3)家族介護用品支給事業

介護用品の購入費用の一部を支給することにより、寝たきり高齢者等を介護している家族の経済的負担の軽減を図るとともに、要介護高齢者の在宅生活の継続、向上を図ります。(支給限度額の上限等あり)

事前申請が必要です。

対象者

市内に居住し、次のいずれかに該当する者

1)要介護認定において要介護4又は5と認定された市民税非課税世帯の在宅の高齢者を介護している同居の家族の者

2) 身体障害者手帳の級別が1級及び2級と認定された者で市民税非課税世帯の在宅身体障害者を介護している同居の家族の者並びに岡山県又は岡山市が交付している療育手帳A又はBと判定された市民税非課税世帯の在宅知的障害者を介護している同居の家族の者

3)上記2)に掲げる者に準ずる者として、特に必要と認める者

(注意)市民税非課税世帯については、毎年7月を基準月とし、市民税の課税状況により判定します。

支給限度額(市が発行する利用券を使用して、指定薬局等で購入することになります)

1)要介護4又は5と認定された方1人につき年間9万6,000円(給付券1枚につき、1,600円以内の額)

2)身体障害者手帳の級別が1級及び2級、岡山県又は岡山市が交付している療育手帳A又はBと認定された方、特に必要と認める方1人につき年間6万円(給付券1枚につき、1,000円以内の額)を限度として支給します。

(注意)

毎月1月から20日までに申請書を受理→受理した日の属する月から、

毎月21日から末日までに申請書を受理→受理した日の属する月の翌月から、1月につき5枚発行します。

申請手続に必要なもの

次の書類等を持参の上、申請手続きをしてください。

1)申請書(窓口にあります。)

2)印鑑

状況に応じて調査等があります。

支給決定通知後に指定薬局等にて利用券を使用して介護用品を購入してください。(利用券に記載された月の期間内に使用してください。)

留意事項

事前申請が必要です。

購入価格が利用券の額面価格を超えるときは、その差額を販売店に支払ってください。

該当者が入院、入所又は死亡、転出したときや、対象でなくなったとき等は家族介護用品利用券の返還が必要です。担当課に申し出ください。

提出先

提出先
窓口 住所等

いきいき長寿課高齢者支援係

〒701-4293

瀬戸内市長船町土師291番地

電話番号:0869-26-5948

福祉課障害福祉係

〒701-4264

瀬戸内市長船町土師277番地4

電話番号:0869-26-5943

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部福祉課障害福祉係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5943
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら