赤ちゃんによくあるトラブル

 生後6か月を過ぎるころから、お母さんからもらった免疫が自然に減っていき、熱を出したり体調が悪くなったりすることが多くなります。急な発熱などでも、あわてずに冷静に病状を確認してから、すぐに病院を受診すべきか判断しましょう。

のどに物を詰まらせた

(イラスト)のどに物を詰まらせた

こんなときはすぐに受診

  • 意識がない
  • けいれんを起こしている
  • トイレ洗剤や除光液、灯油、ガソリン、シンナー、タバコなどを飲んだ

ホームケア

 吐かせるときは、指をのどの奥に入れ、舌の根元を強く押します。むやみに口の中に手を入れて異物を探さないでください。

やけどをした

(イラスト)やけどをした

こんなときはすぐに受診

  • 広範囲(手のひら以上の範囲)のやけど
  • 目や顔のやけど
  • 500円玉より大きい水ぶくれができたなど

ホームケア

流水で十分に冷やします。患部をきれいなガーゼでおおい、清潔に保ちましょう。

中毒110番(通話料は相談者負担)

 化学物質(タバコ、家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによって起こる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定し情報提供しています。

 どうしたらよいか判断できないときは、中毒110番に電話するか、すぐに病院を受診しましょう。

  • 大阪中毒110番  電話番号:072-727-2499(365日 24時間対応)
  • つくば中毒110番 電話番号:029-852-9999(365日 午前9時〜午後9時対応)
  • タバコ専用電話  電話番号:072-726-9922(365日 24時間対応、テープによる情報提供)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部子育て支援課児童保育係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5946
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら