子育て講演会を開催しました

天野秀昭先生をお迎えして、子育て講演会を開催しました(2月9日)

日本で初めてのプレーリーダーとして、子どもの遊びの環境づくりに携わって来られた天野秀昭先生をお迎えして、「遊びは『生きる力』のみなもと」と題してご講演いただきました。市民や民生委員児童委員、愛育委員、栄養委員、保育士、幼稚園教諭など、子どもに関わる関係機関の方193人が参加されました。

子どもにとっての遊びは「子どもがやってみたいこと」が大事。自分のやりたいことに夢中になって遊ぶことで、「自分が生きている」という実感がもてる。「教育」は教え育てることで主体は教育者。それに対して「遊育」は子ども自身が、遊び育つことで、主体は子ども。「遊育」こそが子どもにとって価値があること。など、子どもにとって遊びの大切さを学ぶ機会となりました。

参加者からは、遊びの大切さ、意味、役割、子どもが主体となる遊び場づくりなど大変勉強になった。との意見をいただきました。

講師の天野秀昭先生

講演会の参加者

瀬戸内市の「こどもひろば」にご協力いただける方を募集しています。興味のある方は、見に来ていただくだけでも構いません。ご連絡いただければ、「こどもひろば」のご案内をさせていただきます。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部健康づくり推進課子ども包括支援センター
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-24-8033
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら