医療費助成

特定不妊治療助成事業

不妊治療のうち、体外受精及び顕微受精について医療費の一部を助成します。

対象者

  • 助成の請求時に、夫、妻のいずれか又は両方が、瀬戸内市に1年以上住民登録をしている方
  • 市税を滞納していない方
  • 岡山県の特定不妊治療費助成が決定している方
  • 医療保険各法の被保険者又は被扶養者であること

助成の内容

  • 医療保険適用外医療費の2分の1以内
  • 1回当たり10万円を限度
  • 他の自治体の助成金を除いた額を対象とする
  • 1年度につき2回(初年度については3回)までで、初年度から5年度内で10回を限度とする

未熟児養育医療の給付

養育のため病院又は診療所に入院することを必要とする未熟児に対し、その養育に必要な医療費を扶養義務者の所得に応じて公費負担するという制度です。

養育医療を利用できる医療機関は、岡山県が指定をしています。

申請窓口は、未熟児の住所地である市町村です。

詳しい内容や手続きについては、お問い合わせください。

育成医療の給付

身体上の障害を有する満18歳未満の児童に対し、障害の治療に要した医療費を「世帯」の所得に応じて公費負担するという制度です。

申請窓口は、保護者の住所地である市町村です。

詳しい内容や手続きについては、お問い合わせください。

小児慢性特定疾患の公費負担

小児期における小児がん、慢性腎炎等の特定な疾患の治療は、長期間にわたり、かつ医療費も高額となることから、小児慢性特定疾患治療研究事業を実施し、その治療の確立と普及を図り、併せて患者家庭の医療費の負担軽減にも資するため、医療費の自己負担分の一部を補助するとともにその他福祉サービスを行っています。

申請窓口は、住所地を管轄する保健所です(瀬戸内市の場合は、備前保健所になります)。

詳しい内容や手続きについては、備前保健所へお問い合わせください。

問い合わせ先

備前保健所

電話:086-272-3950

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部健康づくり推進課健康推進係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5961
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら