引越や公務員への就職・退職の際は児童手当のお手続きを!

児童手当では、引越しや単身赴任、就学などで受給者の方や児童が転居、転出される場合、お手続きが必要となります。

また、受給者の方が新たに公務員になられる場合や、公務員を退職する場合にも、職場と市の両方にお手続きを行う必要があります。(自動で手続きされません。)

手続きが遅れた場合、児童手当の支給が差止となったり、支給されなくなる場合があります。(遡っての支給もされなくなる場合があります。)

異動がある場合、異動日(転出予定日、退職日、就職日)から15日以内に忘れずお手続きを行ってください。

 

詳しいお手続きについては、こちらをご確認ください。

瀬戸内市児童手当のページ

 

例えばこんな手続きが必要です

1、受給者が市外へ転出するとき

児童手当は受給者の方が住んでいる市区町村から支給されるため、受給者が他の市町村に転出する場合、瀬戸内市で受給資格を消滅した後、転入先の市町村で新たに認定請求の手続きを行う必要があります。(児童が引き続き瀬戸内市に住む場合も、受給者が転出すれば手続きが必要です。)
 

手続きが遅れますと、遅れた月分の児童手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

【提出書類】受給事由消滅届

 

2、児童と別居したとき

受給者が養育する児童と別居する場合、児童の監護状況や生計維持者の確認が必要となります。

 

【提出書類】

引き続き児童を養育する場合 

住所変更届、別居監護の申立書、児童のマイナンバーの分かるもの

児童を養育しなくなる場合 

受給事由消滅届

 

3、別居していた児童が同居するとき

受給者が別居していた児童と同居する場合、住所変更の手続きが必要です。

【提出書類】 住所変更届

 

4、受給者が公務員になったとき

公務員の方は、勤務先から児童手当が支給されることとなりますので、瀬戸内市で受給資格を消滅した後、勤務先で新たに認定請求の手続きを行う必要があります。

公務員の種類によって、そのまま市から手当が支給される場合がありますので、詳しくは子育て支援課にお問い合わせください。

【提出書類】 受給事由消滅届

 

5、受給者が公務員でなくなったとき

公務員でなくなった場合、瀬戸内市で新たに認定請求の手続きが必要です。

【提出書類】 新規認定請求書 ほか

 

 

 

 

 

同階層ページ

関連リンク

児童手当

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部子育て支援課児童母子係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5947
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら