小児医療費助成

中学校卒業まで(満15歳になった最初の3月31日まで)の子どもは、入院・通院とも、保険診療にかかる医療費の自己負担額が助成されます。医療機関窓口に健康保険証と小児医療費受給資格者証を提示することにより、原則として無料で医療が受けられます。

赤ちゃんが生まれたときや転入したときはお早めに手続きをしてください。

※生活保護を受けている方は対象になりません。

手続様式

小児医療費受給資格者証交付申請書

 

PDF(PDF:65.6KB)

WORD(WORD:34KB)

必要書類など

  • 印鑑(認印) 
  • 子どもの健康保険証

手数料

不要

申請場所

瀬戸内市役所市民課、長船支所、牛窓支所、裳掛出張所

※郵送でも手続きできますが、申請書と健康保険証のコピーを同封してください。後日、小児医療費受給資格者証をお送りします。

申請期限

申請期限はありませんが、申請日の翌月1日からの小児医療費受給資格者証が交付されます。

その他

  • 県外の医療機関で受診した場合や、小児医療費受給資格者証を提示せずに受診した場合は、窓口でいったんお支払いただき、市の窓口で払い戻しの申請をしてください。(印鑑、健康保険証、医療機関窓口で一部負担したことが分かる領収書、振込先の分かるものが必要です)
  • 予防接種、薬の容器代、入院時の食事負担金、保険外併用療養費(紹介状なしの初診料)などの保険適用外の費用、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度の対象となる医療費については、助成対象とはなりません。
  • 健康保険証が変更になったときは、小児医療費受給資格者証、健康保険証、印鑑を持参し、変更手続きを行ってください。
  • 住所・氏名が変更になったときは、小児医療費受給資格者証、印鑑を持参し、変更手続きを行ってください。
  • 市外へ転出するときは、小児医療費受給資格者証を返還してください。
  • 生活保護を受けるようになったときは、小児医療費受給資格者証を返還してください。
  • 小児医療費受給資格者証をなくしたときは、身分証明書(健康保険証等)、印鑑を持参し、再交付の手続きを行ってください。
  • 交通事故など第三者の行為によって生じた傷病で小児医療費受給資格者証を使ったときは、届出が必要です。詳しくは、お問い合わせください。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
市民部市民課医療費給付係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3958
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。