新生児聴覚検査

新生児聴覚検査 (母子保健ガイドより一部抜粋)

生まれてきた赤ちゃんの健やかな成長は、誰もの願いです。1,000人のうち1~2人は生まれつき耳の聞こえに障害を持つと言われていますが、その障害を早く発見して、適切な援助をすることにより、言葉の発達を促し、情緒や社会性を育てることができます。生まれた赤ちゃんを対象に「新生児聴覚スクリーニング」を実施していますので、ぜひこの検査を受けられることをおすすめします。

検査について

自動聴性脳幹反応(自動ABR)という方法で、赤ちゃんが眠っている状態で小さい音を聴かせて、そのとき脳から出る反応波形を測定し、 耳の聞こえが正常かどうかを自動的に判定する検査です。

検査費用について

岡山県内に住所があり、検査を受けることに同意された方は、検査費用の一部を公費で負担します。外来スクリーニングも同額です(県外に住所のある方は、全額自己負担となります)。

検査を受けるには

出産された医療機関が一定の基準を満たす契約医療機関である場合は、母子保健ガイドとじ込みの「新生児聴覚スクリーニング検査依頼票」に必要事項を記入し、医療機関へ提出することにより検査をうけることができます。

また、出産された医療機関が聴覚検査を実施していない場合や県外へ里帰りして出産される方のために、次の5つの医療機関において外来スクリーニングを実施していますので、電話にて予約申し込みしてください。

外来スクリーニング検査が可能な医療機関一覧
外来スクリーニング機関 予約電話番号
岡山赤十字病院 電話:086-222-8811
岡山済生会総合病院 電話:086-252-2211
倉敷成人病センター

電話:086-422-2112

電話:0120-120-353

津山中央病院 電話:0868-21-8111
総合病院落合病院 電話:0867-52-1133

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部健康づくり推進課健康推進係
〒701-4264
瀬戸内市長船町土師277番地4
電話:0869-26-5961
ファクシミリ:0869-26-8002
メールフォームでのお問い合せはこちら