固定資産税について

概要

納めていただく人(納税義務者)

毎年1月1日現在で、市内に土地や家屋、償却資産を所有している人。

固定資産の評価額

土地、家屋は3年ごとの基準年度に、償却資産は毎年基準に従って適正な時価に評価し、固定資産税の算定基礎とします。ただし、新増築や損壊のあった家屋、地目変更のあった土地などは、その都度評価します。次回の基準年度は平成30年度です。

税額

課税標準額に税率(1.4%)を乗じて算出されます。
課税標準額は本来は評価額ですが、土地については負担水準の均衡化を目的とした調整措置があります。また所定の要件を満たす新築住宅は、一定期間固定資産税が減額されます。

申告・届出

償却資産を所有しているとき、毎年1月1日現在の償却資産状況を償却資産申告書で資産税係へ申告してください。申告期限は1月31日です。

地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)を利用した電子申告の手続きが利用できます。詳しくは、eLTAXホームページをご覧ください。

eLTAXホームページ

固定資産の所有者が死亡し、相続登記が遅れるとき

納税代表者指定届(PDF:84.2KB)

納税代表者指定届(EXCEL:15.4KB)

家屋を新・増・改築や取り壊した場合で、都合により法務局への登記が遅れるとき

家屋補充課税台帳登録名義人届(新築・増築届)(PDF:76.3KB)

家屋補充課税台帳登録名義人届(新築・増築届)(WORD:23.5KB)

家屋滅失届(PDF:53.4KB)

家屋滅失届(WORD:28.5KB)

家屋の所有者を変更した場合で、都合により法務局への登記が遅れるとき

家屋補充課税台帳登録名義人変更届(PDF:81KB)

家屋補充課税台帳登録名義人変更届(WORD:33KB)

住所・送付先が変更になったとき

書類送付先の変更について(PDF:171.5KB)

書類送付先の変更について(EXCEL:26KB)

縦覧制度

縦覧とは、自己資産の評価が適正であるかどうかを判断できるようにするため、自己の資産と他の資産との価格(評価額)を比較できる制度です。毎年4月1日から当該年度の最初の納期限の日までの期間に、土地価格等縦覧帳簿または家屋価格等縦覧帳簿を縦覧できます。(償却資産については、縦覧の対象ではありません。)

縦覧期間(平成28年度)

平成28年4月1日(金曜日)~平成28年5月2日(月曜日)(土曜日・日曜日、祝日を除く)
午前8時30分から午後5時15分まで

縦覧場所

本庁税務課、牛窓支所、長船支所、裳掛出張所

縦覧できる人

  • 土地価格等縦覧帳簿 
    市内に所在する土地の固定資産税の納税者、同一世帯の家族、代理人など
  • 家屋価格等縦覧帳簿 
    市内に所在する家屋の固定資産税の納税者、同一世帯の家族、代理人など

縦覧に必要なもの

納税者本人
  • 縦覧に来る本人の本人確認資料(運転免許証、健康保険被保険者証、瀬戸内市固定資産税納税通知書など本人の確認ができるもの)
納税者の代理人
  • 縦覧に来る代理人の本人確認資料
  • 委任状(納税義務者の押印があるもの)など納税者からの受託関係が分かる書類
法人の社員
  • 縦覧に来る人の本人確認資料
  • 法務局に印鑑登録された代表者印が押された委任状または該当社員であることが分かるもの
納税者の相続人(納税者が死亡している場合)
  • 縦覧に来る人の本人確認資料
  • 納税義務者の死亡が確認できる書類(住民票の除票、戸籍謄本など)
  • 死亡した納税義務者との相続関係が確認できる書類(戸籍謄本など)
手数料

不要

納税の方法

納税通知書によって納めていただきます。

私道の固定資産税免除

私道であっても、一定の条件を満たしているものについては、申し出により固定資産税が免除されます。詳しくはお問い合わせください。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
市民部税務課資産税係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1181
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。