瀬戸内市応援寄附(クラウドファンディング)

現在、瀬戸内市が行っている応援寄附(クラウドファンディング)は、以下のとおりです。

瀬戸内市応援寄附(クラウドファンディング)実施一覧

ハンセン病の記憶を未来へ語り継ぐために、歴史ある建造物をこの地にのこしたい

皆さんは「ハンセン病」のことをご存知でしょうか?

ハンセン病は「らい菌」という極めて病原性の弱い細菌による感染症です。
感染しても発病することはまれで、現在では早期発見と適切な治療で、障害を残すことなく治ります。かつては同一家族の中で発病する例がみられ、遺伝病と誤解された時代もありました。
今日、日本を含む先進国では新たに発病する人はほとんどおらず、国内のハンセン病療養所にはハンセン病の治療をうけている方はいません。 しかし、多くの方が高齢となり、そのまま療養所での生活を余儀なくされています。
日本のハンセン病患者隔離政策の特徴として、当時は子供を持つことが認められませんでした。
その中にあっても力強く生き抜いてきた回復者等の人生を瀬戸内市の2つの療養所にある歴史的建造物を未来に向け保存することで、「ハンセン病とは」を語り継ぎ、人類の抱える様々な偏見・差別の解消を目指したいと考えています。

ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ハンセン病療養所クラウドファンディングのバナー画像

ふるさと納税サイト「ふるまる」

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
総合政策部秘書広報課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-24-7095
ファクシミリ:0869-22-3304
メールフォームでのお問い合せはこちら