第2回瀬戸内市FuKuShiセンチュリーライド(平成28年10月16日)

 10月16日、瀬戸内市内全域および一部備前市で第2回瀬戸内市FuKuShiセンチュリーライドが開催されました。
  障がいのある人と市民、企業、参加者との交流を通じて、障がい者施設がどのような取り組みを行っているのかを見て、聞いて、触れてもらおうと、瀬戸内市福祉センチュリーライド実行委員会がサイクリングイベントを企画。コースは、ロングコース(100キロ)、ミドルコース(64キロ)、ショートコース(20キロ)があり、参加者らは市内を自転車で駆け抜けました。
  また、備前長船刀剣博物館や牛窓ヨットハーバーなどに設けられたエイドステーション(休憩所)では、障がい者施設の人たちや市民ボランティアの皆さんからクッキーやレモンゼリーなどの温かいおもてなしがあり、参加者らは気持ちよくサイクリングを楽しんでいました。

スタートの写真

順次スタートしていく参加者ら

エイドステーションの写真

エイドステーションの備前長船刀剣博物館でレモンゼリーを受け取る参加者

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
総合政策部秘書広報課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-24-7095
ファクシミリ:0869-22-3304
メールフォームでのお問い合せはこちら