在宅療養連携支援研修会(平成29年度)

在宅療養連携支援研修会を開催しました

在宅療養連携支援研修会
日時 平成29年12月12日(火曜日) 19:00~20:30
場所

瀬戸内市総合福祉センター 2階 大会議室

瀬戸内市邑久町山田庄862-1

テーマ 「知ってほしい。小規模多機能型居宅介護~在宅を続けるために~」
内容

【事例紹介】

事例1「家族に寄り添う在宅支援~小規模だからできること~」

    グレースケアあじさい 看護師 東 百合香 氏

事例2「笑顔の花を咲かせよう」

    小規模多機能ホームせとうち 介護員 和泉 由紀 氏

                    介護員 田中 寿一 氏

事例3「在宅で看取りの覚悟をした家族の支援」

    縁路香 看護師 久本 澄子 氏

事例1 事例2

事例3 研修会風景

 『小規模多機能ってどんなところか知ってほしい』という声から始まった今回の研修会。特徴的な事例を3件、ご紹介いただきました。ご利用者様やご家族様の想いに、できるだけ寄り添おうとする、ひたむきなスタッフの方の姿に、とても感動しました。

 参加者からは、「小規模がどんなところかよくわかった!」「他事業所のいい取り組みが聞けて良かった。うちでもやってみる!」「他事業所の人と話が出来て良かった。今度施設訪問させてもらう約束が出来た!」などのお声をいただきました。

 今回は、70名の方がご参加くださいました!ありがとうございました。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部トータルサポートセンター
〒701-4246
瀬戸内市邑久町山田庄845番地1
電話:0869-22-3800
ファクシミリ:0869-22-3801
メールフォームでのお問い合せはこちら