在宅医療多職種連携研修会(平成29年度第2回)(糖尿病ケア)

在宅医療多職種連携研修会(第2回)(糖尿病ケア)を開催しました

在宅医療多職種連携研修会(第2回)
日時 平成30年1月25日(木曜日) 19:00~20:40
場所 瀬戸内市邑久町山田庄862-1
講演

「糖尿病治療、最近の話題~高齢者治療をふまえて~」

講師 瀬戸内市立瀬戸内市民病院

    内科医長 加原 健治 氏

講演

「みんなで守ろう!糖尿病患者さんの足」

講師 瀬戸内市立瀬戸内市民病院

    外来看護師 松原 ミヨ子 氏(糖尿病看護認定看護師)

加原医師による講演 松原看護師による講演

研修会風景

  加原先生からは、「糖尿病の治療について」具体例をまじえながら、詳しくお話しいただきました。また、松原看護師からは、「糖尿病患者さんのフットケアの重要性や方法について」動画を流しながらご説明いただきました。私たちが普段の生活の中でできることなど、すぐに役立つお話をたくさんいただき、気づきの場となりました。

 寒さ厳しい日でしたが、たくさんの方のご参加をいただき、熱気あふれる研修会となりました。

 参加者の方から、「糖尿病の治療やケアがどんどん進化していることがよくわかりました!」「利用者さんや自分の足をじっくり見てみようと思いました!」「私たちにできること、私たちにしかできないことがよくわかりました!」などのご意見をいただきました。

今回は、89名の方がご参加くださいました!とても寒い中、ありがとうございました。爪のケア

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
保健福祉部トータルサポートセンター
〒701-4246
瀬戸内市邑久町山田庄845番地1
電話:0869-22-3800
ファクシミリ:0869-22-3801
メールフォームでのお問い合せはこちら