外科

診療内容

 外科は『市民に信頼される医療』を理念として、救急医療、病診連携医療を中心に日常診療を行っています。
スタッフは3人であり、それぞれが業務分担し、外来病棟診療を行います。また外傷などの小手術とともに、午後からは、手術室で腰椎麻酔、全身麻酔のもと、腹壁ヘルニヤ、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎、そして胆のう結石、胃・大腸癌等の手術を行っています。
  検査は下肢静脈瘤に対し静脈造影を扱い、内視鏡検査は、胃・大腸内視鏡を行っています。また 胃内視鏡補助下の胃瘻増設術(PEG)も行っています。 外科3名は協力しあってうまく機能していると思います。

診察風景

 

診療日割表はこちらからご確認ください↓↓

外来診療日割表

モットー

 『患者様の立場』を念頭に外科診療にあたってますが、まだまだ未熟なこともあり反省しきりです。
また 院内業務として 各種委員会の会議、カンファレンスに参加し、それぞれ充実した診療にあたっています。

Google Map

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
瀬戸内市民病院
〒701-4246
瀬戸内市邑久町山田庄845番地1
電話:0869-22-1234
ファクシミリ:0869-22-3296
メールフォームでのお問い合せはこちら