11月は「おかやまマイバッグキャンペーン」期間です

 岡山県では、家庭ごみを少しでも減らすため、スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどの店舗、消費者・環境団体や市町村と協力して、11月に「おかやまマイバッグキャンペーン」を実施しています。

 市と瀬戸内市消費生活問題研究協議会は、11月15日(金曜日) ハローズ邑久店にてマイバッグ啓発グッズを配布しました。

 レジ袋の削減は、一人ひとりが「レジ袋をもらわない」という自分の意志で簡単にできる取り組みです。

 ごみの減量と環境保全のため、また、環境にやさしい生活への「きっかけ」として、「マイバッグ持参」にご協力をお願いします。

 

 

マイバッグ啓発活動

レジ袋削減について

スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどでもらっているレジ袋を、1年間にどれくらい使っていると思いますか?なんと1人あたり約300枚、重さにすると約3キログラムにもなると言われています。また、そのほとんどは使用後すぐに「ごみ」として捨てられています。

今回のキャンペーンをきっかけに、レジ袋を当たり前のように使う生活を見直し、買い物からエコを考えてみませんか。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
環境部生活環境課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1899
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら