「生ごみの水切り」にご協力をお願いします!

生ごみの水切りをする理由

 瀬戸内市内で、燃やすごみの中には、生ごみが多く含まれています。

 流し台の排水口や三角コーナーに溜まった調理くずや食べ残しなどの生ごみは、燃やすごみの多くを占めており、さらに多量の水分を含んでいます。一人ひとりが水切りを行うことにより、さらに燃やすごみの減量が可能となります。

 水切りは、日々の子育てや仕事などで忙しい方でも、お手軽かつ確実にできる方法です。ぜひご協力をお願いします。生ごみをそのまま袋に入れて出す前に、「水切り袋に入れてギュッと絞る、食品トレイでギュッと挟んでみる」などを行い、排出してください。

 なお、ごみの減量化に関心のある方は、生ごみを乾かしてから排出してください。重ねてご協力をお願いします。

水切りにはこんなメリットも!

 生ごみの水切りは、燃やすごみの減量だけでなく、次のような効果もあります。

1 腐敗を遅らせ、イヤな臭いの発生を抑える。

2 ごみ排出場所の汚水による汚れを抑える。もし袋が破れても、ステーションが汚れにくくなります。

3 ごみ収集車からの汚水漏れを抑える。

4 ごみの量が減ると、ごみ収集車の燃費も良くなり、余分なCO2の発生を抑える。

5 乾燥式生ごみ処理機の乾燥時間を短縮し、電気代の節約になる。

6 焼却のための時間を短縮し、余分なCO2の発生を抑える。

 

 このように、市民皆さんの一人ひとりのご協力が、環境保全の促進にもつながります。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
環境部生活環境課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1899
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら