3R(リデュース、リユース、リサイクル)について

Q1 ごみが増えると将来どのようになるのでしょうか?

1.このまま資源を消費し、便利な暮らしを続けていくと、ごみが貯まって捨てる場所がなくなります。

 ↓

2.ごみを捨てる場所が無くなると、新しいごみ処分場への輸送などにより、ごみ処理費用は増加します。

 ↓

3.ごみ処理費の増加によって、ごみ手数料の増加やほかの行政サービスの低下に繋がります。

 また、資源の運搬や焼却などによって、CO2(二酸化炭素)が発生し、地球温暖化にも繋がります。

 ↓

※限りある資源を大切に使い、私たち一人ひとりが今の生活スタイルを改めていくため、3R(リデュース、リユース、リサイクル)に取り組むことが大切です。

 

リサイクル

Q2 3Rとはどういったものでしょうか?

3Rとは、ごみを減らすための行動を表すキーワードです。

 

3つのRのそれぞれ、

●ごみを減らす              (リデュース Reduce)

●資源を何回も繰り返し使う        (リユース Reuse)

●分別して、再び原材料として再生利用する (リサイクル Recycle)の頭文字をまとめたキーワードです。

 リサイクルするためには、一度分別されたごみを集めて、リサイクル処理をする必要があります。そして、ごみを集める分別収集車両の走行やリサイクル処理を行うことで、新たに資源が消費されます。

 ↓

※このことから、3Rの中から、そもそもごみを出さないリデュースが一番大切で、リデュース→リユース→リサイクルの順番を意識して取り組むことが重要です。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
環境部生活環境課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1899
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら