邑久小学校

邑久小学校

お問合わせ先

邑久小学校
〒701-4246
瀬戸内市邑久町山田庄610番地
電話:0869-22-1231
ファクシミリ:0869-24-0093
メールフォームでのお問い合せはこちら

学校の周りの様子

学区の西に吉井川が流れ、東から南にかけて小高い山々が連なり、南端に宇喜多家ゆかりの砥石城址があります。その中を流れる千町川を中心に広々とした条里制が残る千町平野が開けています。町の中心に門田貝塚が発見されて、古くから人々が生活を営んでいたと考えられています。
米作を中心とした純農村地域であったが、赤穂線やブルーラインの開通によって交通の要地となり、都市近郊地帯として著しく変貌してきています。邑久駅を中心とした地域には住宅団地が造成されたり、その周辺に工場が誘致されたりしました。それと共に人口が急増し、駅前には大型量販店が進出して盛況を呈しています。交通の利便性等により、経済的な基盤が変化し、保護者の職業形態もきわめて多様化しています。住宅団地の誘致により人口は増加傾向にあったが、昭和59年ごろから安定してきています。現在も小規模ながら団地の造成が続けられています。
古くから文化教育に対する関心が高く、教育には熱心です。また、有名な文化人も多く輩出し、中でも画家の竹久夢二、詩人の正富汪洋、医学博士の古武弥四郎は世に知られるところです。喜之助フェスティバル等のイベントをとおして地域の活性化にも取り組んでいます。
なお、現在の学区は旧5小学校を統合した、邑久、福田、豊原、本庄、笠加の5地区に、平成25年からは玉津地区も加わっています。

教育目標など

教育目標

自分に自信をもち、挑戦し続ける児童の育成

めざす児童像

  • まなぶ子
  • つよい子
  • やさしい子

行事の風景

学習発表会

ボランティアによる絵本の読み聞かせ

運動会

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)