錦海塩田跡地の活用について

錦海塩田跡地取得後の取り組み

 

錦海塩田跡地取得後の取り組み

平成22(2010)年12月

瀬戸内市が塩田跡地を取得

平成23(2011)年 9月

議会代表・周辺住民・漁業関係者・農業関係者・専門家等の委員で構成される「錦海塩田跡地活用検討委員会」で活用手法の検討を開始

平成24(2012)年 6月

「錦海塩田跡地活用基本構想」が決定され、市へ提出

平成24(2012)年 7月

公募型プロポーザル方式による提案競技を実施

平成24(2012)年 9月

活用企画案と実施事業者を選定

平成24(2012)年 9月~

平成25(2013)年 3月末

「錦海塩田跡地活用基本計画」を策定

平成26(2014)年 3月末

実施事業者と跡地活用に関する施行協定、土地貸付契約を締結、平成26年4月から跡地を貸付

 

錦海塩田跡地活用基本構想について

錦海塩田跡地活用基本構想(PDF:1.2MB)

錦海塩田跡地活用基本計画の策定について

市では、跡地活用に当たり、住民の方など地域の関係者を交えた跡地活用検討委員会から提出された活用構想の主旨を踏まえて、また、民間企業の力を活用することとして提案公募を実施。活用企画案と実施事業者を選定し、平成25年3月に「錦海塩田跡地活用基本計画」を策定。

錦海塩田跡地活用基本計画(PDF:12.6MB)

錦海塩田跡地活用事業に係る施行協定及び土地貸付契約の締結について

平成26年3月31日、市は、瀬戸内Kirei未来創り連合体が設立した「瀬戸内Kirei未来創り合同会社」と錦海塩田跡地活用事業に係る施行協定及び土地貸付契約を締結しました。

契約相手方(事業者)

瀬戸内Kirei未来創り合同会社

貸付面積

約470ヘクタール(事業者は、そのうち約265ヘクタールに太陽光発電所を設置します。)

貸付期間

平成26年4月から20年間(更新可能)

貸付料

貸付料
区分 金額 累計金額
貸付料
【建設期間】
年額1億円 5億円
(工事期間5年間を想定した場合)
貸付料
【売電業務開始後の期間】
年額4億円 80億円
(運営期間20年間)
貸付料
【地域振興に関する事業費】
16億円 16億円
(事業期間中)
  101億円

安全・安心事業の所要概算経費 約32億円

売電開始時期

平成31年4月(予定)

その他

 事業者は、太陽光発電所を設置するほか、排水ポンプの増設と非常用発電機の新設、中央排水路の河床掘削、錦海湾堤防の補強工事などの安全安心事業を行います。
 これらの安全安心施設完成後は、市に寄付され、市が責任を持って管理します。
 市は、貸付料を財源としてまちづくり事業を実施し、地域の活性化を図ります。

工事スケジュール(予定)

安全安心工事

  • 堤防補強工事      平成26年10月 ~
  • 中央水路整備工事    平成27年1月 ~
  • 防潮堤工事(玉津港側) 平成27年3月 ~
  • 防潮堤工事(師楽港側) 平成27年9月 ~
  • 排水ポンプ増設工事   平成27年10月 ~

太陽光発電所設置工事

  • 平成26年11月 ~

系統連系工事 

  • 平成26年12月 ~

まちづくり事業

 まちづくり事業の具体的な内容については、市民の方々に本当に必要とされる事業を十分検討しながら効果的な事業を進めます。

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
産業建設部建設課錦海プロジェクト推進係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1296
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。