有害鳥獣による農作物被害対策について(防護柵)

近年、瀬戸内市ではシカやイノシシなどによる農作物被害が増加しています。原因としては、個体数の増加だけでなく鳥獣が集落に出入りしやすい状況を作ってしまっていることが考えられます。まずは現状を地域のみんなで確認することから始めましょう。

1、みんなで勉強しましょう

野生鳥獣の生態や習性を知り、何が餌付けになってしまっているのかを地域のみんなが理解することが重要です。畑の野菜の取り残しやお墓のお供え物を持ち帰るなど自分たちで何ができるかを考え、地域全体で取り組みましょう。

2、守れるほ場・守れる集落に環境を改善しましょう

エサ場としての価値が低くなるように、田畑や家の周りの環境を改善しましょう。田畑の周りの藪や家のすぐ後ろまで生えている竹林は、鳥獣の潜み場所になります。周辺の草刈りなどにより鳥獣を寄せ付けないようにしましょう。

3、防護柵等を活用しましょう

電気柵等でほ場を囲うことはとても有効な対策となります。瀬戸内市では農作物の獣害防止のために防護柵を設置する人に対し、予算の範囲内で補助金を交付しています。

瀬戸内市有害鳥獣被害防護柵設置事業

対象者

  • 市内で作付けを行っている農地を所有している者。
  • 市内に住所を有する者で、隣接する他市において作付けを行っている農地を所有している者(同種の制度の補助対象となる農地を除く)。

対象となる防護柵

  • 電気柵
  • トタン板
  • 金網

(注意)原材料費のみ補助対象となる。

補助率及び補助金の額

利益を受ける農家の戸数が3戸以上で一体となる防護柵を設置したとき又は一度の申請による総延長が200メートル以上の防護柵を設置したとき

補助率

2分の1

(一度の申請による総延長が200メートル未満の場合)

4分の1

補助金の額

原材料費に補助率を乗じて得た額又は補助基本額のいずれか低い額を超えない範囲で市長が定める額

補助基本額は次の単価で算出した額の合計額

  • 電気柵は1メートルあたり250円
  • トタン板・金網は1メートルあたり500円

(一度の申請による総延長が200メートル未満の場合)

  • 電気柵は1メートルあたり125円
  • トタン板・金網は1メートルあたり250円

申請様式については以下のとおり

交付申請書(様式第1号)(PDF:74.7KB)

補助金の申請をされる場合は、必ず柵を設置する前に見積書と一緒に交付申請書の提出をお願いします。

4、最後に

1から3まで実施しても被害が収まらなければ有害鳥獣駆除班等による駆除の実施を検討します。

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
産業建設部産業振興課水産林務係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3942
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。