人・農地プランについて

人・農地プランとは

 集落や地域で徹底的な話し合いを行い、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」のことを言います。

 現在の瀬戸内市では農業者の高齢化や担い手不足、耕作放棄地の増加といった問題を抱えています。地域の将来像を考えつつ課題を解決していくためにはこのプランを進めていく必要があります。

人・農地プラン作成によるメリット

 作成した「人・農地プラン」に位置づけられることにより、「青年就農給付金(経営開始型)」、「スーパーL資金の金利負担軽減措置(当初5年間無利子化)」、「農地集積協力金」、「経営体育成支援事業」といった支援を受けることができます。

 また、「人・農地プラン」は、新規就農者や担い手が出てきたときや、農業を引退する農家が出てきたときなど、地域状況の変化に応じて随時見直しも行えますので、安心して支援を受けられます。

人・農地プランの公表について

 農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項の規定に基づき次のとおり公表します。

人・農地プラン(PDF:553.1KB)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
産業建設部産業振興課農業振興係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3934
ファクシミリ:0869-22-3965
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。