新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除について

 令和2年5月1日から、新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時による特例免除申請の受付が始まりました。学生の方も同様に、特例による国民年金保険料学生納付特例の申請が可能です。

【対象者】

 以下の(1)および(2)いずれにも該当する方

(1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したこと

(2)令和2年2月以降の所得の状況からみて、当年中の所得見込額が国民年金保険料免除基準相当になることが見込まれること

【対象期間】

 令和2年2月分から令和2年6月分まで

 令和2年7月分以降は再度申請が必要です。

 ※国民年金保険料の免除を受けた期間は、追納しない限り、将来受け取る年金額が減少します。

【申請先】

 市役所市民課、各支所・出張所の窓口または年金事務所

 ※新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、郵送での提出をご活用ください。

【必要なもの】

 ・国民年金保険料免除・納付猶予申請書、所得の申立書

(学生納付特例申請の場合)

 ・国民年金保険料学生納付特例申請書、所得の申立書、学生証のコピー

 ※新型コロナウイルス感染症の影響により学生証が添付できない場合はお問い合わせください。

 ※申請書や所得の申立書等は日本年金機構のホームページからダウンロードすることができます。また、市役所市民課、各支所・出張所の窓口にも備えつけています。

日本年金機構ホームページ(新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について)

 

【郵送先】

〒701-4292

瀬戸内市邑久町尾張300番地1

瀬戸内市役所 市民課国保年金係

 

〒703-8533

岡山県岡山市中区国富228

岡山東年金事務所

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
市民部市民課国保年金係
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1790
ファクシミリ:0869-22-3973
メールフォームでのお問い合せはこちら