瀬戸内市移住推進員を委嘱しました

市では、移住推進員に、菊地友和(きくちともかず)さんを委嘱し、平成30年5月1日に市役所で委嘱状を交付しました。

菊地さんは、平成24年に瀬戸内市地域おこし協力隊として東京から移住されて以降、邑久町裳掛地区において、移住促進を中心に集落の維持・活性化に向けた取組みを行ってきました。裳掛地区では、移住希望者等に向けた地域のPRをはじめ、空き家や耕作放棄地の再生など受入体制の整備を地区住民と協働で行い、延べ12組の移住者受入れを実現しています。また、平成29年からは、市及び関係団体等で構成する瀬戸内市移住交流促進協議会の会長として、市全体の移住促進も担っています。

この度、市が募集していた移住推進員に応募され、面接審査を経て、委嘱を決定しました。菊地推進員には、これまでの経験と実績を活かして、瀬戸内市の移住推進の専門員として活動していただくこととしています。

瀬戸内市移住推進員

関係リンク

瀬戸内と暮らす(瀬戸内市移住定住特設サイト)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
総合政策部企画振興課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1031、0869-22-1113
ファクシミリ:0869-22-3304
メールフォームでのお問い合せはこちら