協働の空き家活用促進事業補助金

IJUコンシェルジュと協働して空き家の家財整理や改修工事を支援します

市では、移住支援を行う住民団体「IJUコンシェルジュ」と協働で移住施策を推進しています。

移住支援の一環として、IJUコンシェルジュと協働して売買又は賃貸借契約した空き家の所有者又は購入もしくは借り受けた移住者が行う空き家の家財整理や改修工事に対して、その費用の一部を補助します。なお、予算に限りがありますので、工事等着工前に必ず改修計画等をご相談ください。

移住者とは

県外から市に転入後3年以内の人。ただし、転入日前3年以内に市に住民登録をしていた人、転勤若しくは婚姻により転入した人又は空き家の所有者等の3親等以内の親族の方は除きます。

対象地域

補助の対象となる地域は、以下のIJUコンシェルジュの支援対象地域となります。

・牛窓町牛窓、鹿忍、長浜地区(牛窓しおまち唐琴通りの保存と活性化プロジェクト)

・邑久町裳掛地区(裳掛地区コミュニティ協議会)

・邑久町本庄地区(本庄地区むらづくり協議会)

対象となる方

IJUコンシェルジュの支援を受けて売買又は賃貸借契約した空き家の所有者又は空き家を購入もしくは借り受けた移住者のうち、次の条件を全て満たす方が対象となります。

・補助金交付申請時に、IJUコンシェルジュから事業の実施に関する推薦書を提出することができる方

注意)補助金交付申請書に、IJUコンシェルジュの支援を受けたことを確認する推薦書の添付が必要となります。IJUコンシェルジュの推薦を受けたい場合は、IJUコンシェルジュに推薦願を提出し、推薦を依頼してください。

協働の空き家活用促進事業の実施に係る推薦願(様式第1号) (WORD:14.9KB)

協働の空き家活用促進事業推薦書(様式第3号) (WORD:15.3KB)

・対象者の世帯全員が市税等を滞納していない方

・家財整理及び改修工事の契約者

・過去にこの補助金の交付を受けていない方

対象となる空き家

次の条件を全て満たす空き家が対象となります。

・瀬戸内市空き家バンクに登録されている空き家又はIJUコンシェルジュが情報を管理する空き家であること

・補助金の交付申請の日の前1年以内に売買契約、無償譲渡契約又は最初の賃貸借契約若しくは使用貸借契約を締結した空き家であること。

・過去にこの補助金の交付を受けていない空き家であること。

対象となる事業

・補助金の交付決定を受けた後に事業に着手し、申請年度の2月末日までに実績報告書を提出することができる事業であること。

・市内の事業者に発注する事業であること。

・建築基準法その他関係法令の基準を満たす改修工事であること。

・国、県又は市の他の補助制度の適用を受けていない事業であること。

補助対象経費

家財整理

・家財道具等の搬出処分、清掃等

改修工事

・台所及びトイレ、浴室、洗面所等の水回りの改修工事

・電気・ガスの設備及び配管・配線の改修工事

・壁、床、扉、棚収納及び天井等の内装の改修工事

・サッシ及び外壁、屋根等の改修工事

・断熱材の施工又は入替に係る改修工事

・下水道への接続又は合併浄化槽の設置に係る改修工事

・耐震化のための改修・補強等工事

・その他移住定住促進のため市長が必要と認める工事

注意)必要以上に高価な設備など、入居者の趣味・趣向による修繕は対象となりません。

補助金額

対象となる事業に要する費用の2分の11,000円未満は切り捨て。上限50万円)

移住支援団体

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
総合政策部企画振興課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-1031、0869-22-1113
ファクシミリ:0869-22-3304
メールフォームでのお問い合せはこちら