避難所における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止

 全国的に新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況において、台風などの大きな災害が発生した場合、自らの命を守るためには避難行動をとらなければなりません。避難所においては、災害の規模によって「密集」状態となることも予想され、感染拡大防止に努める必要があります。

 市では、避難所において感染の拡大を防止するため、十分な換気やスペースの確保、開設する避難所の増加など、可能な限り対策を講じていきますが、市民の皆さんも自らの命を守るためには、事前に、避難所への避難が必要かどうかの確認や避難する場合の準備などお願いします。

 避難が必要な場合は、市が備蓄している衛生用品(マスクや消毒、体温計)には限りがあります。事前に避難する場合は、できるだけ自分の必要なものは自分で持参するようにご協力お願いします。

1.自分の住んでいる場所が災害の危険があるか確認しましょう。

 下記の「避難行動判定フロー」や「防災ハザードマップ」等を活用して自宅の災害リスクを確認して、その場所は避難が必要かどうか事前に確認しましょう。

  「避難」とは「難」を「避」けることです。

 避難所での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、安全な場所にいる人は、避難場所に行く必要はありません。

避難行動判定フロー

避難行動判定フロー参考情報

防災ハザードマップ(令和2年3月)

「自らの命は自らが守る」               避難行動を確認しましょう

2.安全な場所に住んでいる親戚や知人宅に避難することを検討しましょう。

 避難先は市が指定している指定緊急避難場所だけではありません。

 市が指定する避難場所、早期に開設する避難所が過密状態になるのを防ぐため、安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみてください。

3.避難所へ避難する場合の注意点

 健康状態の確認をお願いします。

 手洗い、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底してください。

 万が一、発熱や咳等の症状が出た場合はお知らせください。

参考資料 認定NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)避難生活改善に関する専門委員会 作成

新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック(第2版)(PDF:5.7MB)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
総務部危機管理課
〒701-4292
瀬戸内市邑久町尾張300番地1
電話:0869-22-3904
ファクシミリ:0869-22-3299
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。