展示予定(2019年度)

アート瀬戸内動物園開園!久山淑夫 立体・平面展

木彫作家・久山淑夫(くやまよしお)は1938年に大阪で生まれ、岡山で育ちました。建築会社を営む傍ら、木彫作家としても勢力的に活動を行い、過去には倉敷市立美術館や岡山県天神山文化プラザなどで個展も開催されています。今回は木彫作品30点と、猫の作品を中心としたドローイング75点を展示します。この展覧会は、子ども達の感性の向上を目的とした夏休み企画です。大人の方はもちろんのこと、身近にお子様がいらっしゃる方は是非ご一緒にご来館ください。

 
期間 2019年7月21日(日曜日)~8月12日(月曜・祝日)
休館日 毎週月曜日(8月12日を除く)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般500円/割引(団体20名以上または65歳以上)400円/中学生以下無料
会場 4階展示室、3階展示室(美術館の入り口は4階のみになります)
主催 瀬戸内市立美術館
後援 岡山県/岡山県教育委員会/山陽新聞社/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞岡山支局/RSK山陽放送/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団(予定)
協力 未定
関連
イベント
未定

-郷土が生んだ偉大な芸術家- 東原方僊展

東原方僊(1886~1972)は瀬戸内市長船町福岡出身の日本画家です。1910年頃に京都の竹内栖鳳の門に入り、1915年に文展入選以降、帝展や日展でも数々の賞を受賞しました。今回は、瀬戸内市にゆかりのある画家、東原方僊の作品を約40点展示します。

東原方僊展

 
期間 2019年6月22日(土曜日)~7月15日(月曜・祝日)
休館日 毎週月曜日(7月15日を除く)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般400円/割引(団体20名以上または65歳以上)300円/中学生以下無料
会場 4階展示室
主催 瀬戸内市立美術館
後援 岡山県/岡山県教育委員会/山陽新聞社/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞社/RSK山陽放送/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団
助成 公益財団法人マルセンスポーツ・文化振興財団
関連
イベント
ギャラリートーク
 日時:会期中の毎週日曜日 午後1時30分~(約15分)
 事前申込は不要です
※詳細は下記の「講座・イベントのご案内」をご覧ください

講座・イベントのご案内

-岡山の法人・企業コレクションを中心に- 美術巨匠逸品展(終了しました)

戦後まもなく日展を誘致するなど、文化の発展に尽力してきた岡山県では、地元企業においても多くの美術品が所蔵されています。この展覧会では、そういった普段公開される機会の少ない作品を約50点展示します。明治以降の日本を代表する作家たちの、日本画・洋画・彫刻作品をご覧ください。

美術巨匠逸品展

 
期間 2019年4月20日(土曜日)~6月16日(日曜日)
休館日 毎週月曜日(4月29日、5月6日を除く)、祝日の翌日〔5月7日(火曜日)〕
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般600円/割引(団体20名以上または65歳以上)500円/中学生以下無料
会場 4階展示室
主催 瀬戸内市立美術館、山陽新聞社
共催 RSK山陽放送
後援 岡山県/岡山県教育委員会/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞岡山支局/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団
助成 株式会社ウェーブハウス
協力 明石被服興業株式会社、黒住教宝物館、株式会社中国銀行、株式会社天満屋、株式会社トマト銀行、公益財団法人ワコースポーツ・文化振興財団(順不同)ほか
関連
イベント
ギャラリートーク
 日時:毎週日曜日、5月3日(金曜・祝日) 午後1時30分~(約30分)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
瀬戸内市立美術館
〒701-4302
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地(瀬戸内市役所牛窓庁舎3・4階)
電話:0869-34-3130
ファクシミリ:0869-34-3438
メールフォームでのお問い合せはこちら