展示予定(2019年度)

-郷土が生んだ偉大な芸術家- 東原方僊展

東原方僊(1886~1972)は瀬戸内市長船町福岡出身の日本画家です。1910年頃に京都の竹内栖鳳の門に入り、1915年に文展入選以降、帝展や日展でも数々の賞を受賞しました。今回は、瀬戸内市にゆかりのある画家、東原方僊の作品を約40点展示します。

 
期間 2019年6月22日(土曜日)~7月15日(月曜・祝日)
休館日 毎週月曜日(7月15日を除く)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般400円/割引(団体20名以上または65歳以上)300円/中学生以下無料
会場 4階展示室
主催 瀬戸内市立美術館
後援 岡山県/岡山県教育委員会/山陽新聞社/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞岡山支局/RSK山陽放送/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団(予定)
協力 未定
関連
イベント
未定

-岡山の法人・企業コレクションを中心に- 美術巨匠逸品展

戦後まもなく日展を誘致するなど、文化の発展に尽力してきた岡山県では、地元企業においても多くの美術品が所蔵されています。この展覧会では、そういった普段公開される機会の少ない作品を約50点展示します。明治以降の日本を代表する作家たちの、日本画・洋画・彫刻作品をご覧ください。

美術巨匠逸品展

 
期間 2019年4月20日(土曜日)~6月16日(日曜日)
休館日 毎週月曜日(4月29日、5月6日を除く)、祝日の翌日〔5月7日(火曜日)〕
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般600円/割引(団体20名以上または65歳以上)500円/中学生以下無料
会場 4階展示室
主催 瀬戸内市立美術館、山陽新聞社
共催 RSK山陽放送
後援 岡山県/岡山県教育委員会/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞岡山支局/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団
助成 株式会社ウェーブハウス
協力 明石被服興業株式会社、黒住教宝物館、株式会社中国銀行、株式会社天満屋、株式会社トマト銀行、公益財団法人ワコースポーツ・文化振興財団(順不同)ほか
関連
イベント
ギャラリートーク
 日時:毎週日曜日、5月3日(金曜・祝日) 午後1時30分~(約30分)
 事前申込は不要です
※詳細は下記の「講座・イベントのご案内」をご覧ください

講座・イベントのご案内

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
瀬戸内市立美術館
〒701-4302
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地(瀬戸内市役所牛窓庁舎3・4階)
電話:0869-34-3130
ファクシミリ:0869-34-3438
メールフォームでのお問い合せはこちら